十次と亞一

あなたが僕から去るだなんて信じない

緑館ではない場所で、「仇」の文字を見つめる亞一。彼の頭に浮かぶのは……。明治・大正期の架空の下宿「緑館」を舞台に、複数の文学作品を下敷きにして描く、奇妙な縁が絡み合った二人の男の物語。今回でcakes上での掲載は最後になります。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
十次と亞一

コドモペーパー

売れない漫画家・小林十次(じゅうじ)は、ひょんなことから売れっ子の幻想小説家・大江亞一(あいち)と出会う。しかしこの男、浮世離れしていて手が掛かる。それにときたま、向けられる視線に妙な気迫があるような……。明治・大正期の架空の下宿「緑...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

studiobabyroom 続き気になりすぎて身悶えする。。。 15日前 replyretweetfavorite

codomopapercomi 『十次と亞一』cakesでは最後の更新です。 続きはこちらからご覧いただけます。よろしくお願いします! https://t.co/Q1KJ1cRNNY 15日前 replyretweetfavorite