カッコいいのに自然体。写真家・服部恭平の「生活密着写真」はどう生み出されるのか

だれもがいつでも写真を撮るようになって久しい時代に、あえて「写真で生きていく」ことを決断したのが、服部恭平さん。とことん洒落てキマっているのに、同時に日常のゆるやかな心地よさも感じさせる不思議な写真は、どのように生まれてくるのでしょうか。

まずはこのアルバムジャケットを見てほしい。

作曲家・都筑清太郎のファーストアルバム『続き/TSUZUKI SEITARO』。全曲、いたってシンプルなピアノ曲だ。どこかもの悲しいけれど、聴いているとときに陽だまりのような情景がありありと浮かんできて、ほのかな幸福感も漂う。

音を聴きながらジャケットに目を落とすと、そこにはインパクトのある女性のポートレートが載っている。スタイリッシュでカッコいいけれど、セットアップし過ぎた人工感はなく自然体で和んだ空気も感じられる。
だれが、どのようにして撮ったのか。俄然興味が湧いてくる。クレジットを見れば、撮影者は服部恭平とある。気鋭のフォトグラファーである。 いまの時代を象徴するような「美しさ」をつくり出すこの表現者に、ぜひ聴いてみたい。作品のインスピレーションはどこからくるのか? なぜ写真に魅せられているのか。表現を人と分かち合うって、どんな意味があるのかを。

『続き/TSUZUKI SEITARO』のアルバムジャケット写真は、音楽内容との相性も含めて、大胆で意外性のあるものに仕上がっていますね。どういう経緯で写真を担当するに至ったのでしょう?

「都筑さんのお父さんで作曲家・プロデューサーのTSUZUKI TAKASHIさんとはもともと知り合いでして。息子がアルバムをリリースするのでジャケット写真をお願いできないか、とお話をいただいたんです。シンプルで優しいピアノの音と、僕の写真のテンションが合うんじゃないかと思ってくださったようで」

 採用された写真は、撮り下ろしたものですか?

「はい、被写体から仕上がりまですべて任せてもらったので、ふだんの僕の撮り方そのままでやらせていただきました。僕が思う写真のおもしろさとは、被写体と対面して時間を過ごしたという行動の記録が、そのまま残るところ。今回採用してもらった写真も、ある日あるところでこの女性と僕がカメラを介して向かい合った、ただそれだけが伝わるものになっているし、それでいいんだと思っています。何の注文もつけずにそのまま使っていただけたのは、うれしいかぎりですね」

 収録曲の雰囲気や内容に合わせようという気持ちは、あったのかどうか。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TAKASHITSUZUKI 『nue / Bokeh』写真集のカメラマン服部恭平くんの記事が公開されました。ちらっとnueの告知も。宜しくお願いします。 https://t.co/zcVzPBCLXH #nue #呂布カルマ #takashitsuzuki… https://t.co/SiIYb6AYEy 9日前 replyretweetfavorite

yuhicork 相手のことを知りたい気持ちが写真を撮る原動力になってることにとても共感した 9日前 replyretweetfavorite