簡単なのに複雑な味。使い方多様な万能ソース「ピーマンサルサのポークソテー」

今回のレシピは、馬田草織さんが大学生の頃から作っているという「サルサソース」。中米南米に広く親しまれる料理ですが、実は何にでも使える万能ソースなんです!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

友達と集まり、料理しながら飲むことに目覚めた大学生の頃。作って衝撃を受けたのが、メキシコ料理に欠かせないサルサ(スペイン語でソースの意)でした。友人が見せてくれた料理雑誌のアウトドアレシピに載っていたそれは、玉ねぎとトマト、ピーマン、にんにくを刻んで塩とハラペーニョソースを加え、混ぜたら完成。見慣れたごく普通の野菜をただ刻んで混ぜただけなのに、これをチップスにつけて食べるととんでもなくうまい。あるいは焼いた肉にふりかけて、葉野菜やタコスで包んでもいい。軽いのに味に複雑さがあって、これをかけるとなんでもグレードアップする。一体どういうことなんだ。

さらにこのサルサを、マッシュしたアボカドとサワークリーム少々と混ぜればワカモレも簡単。当時流行っていたメキシコ料理店ではほんの少ししか食べられなかったワカモレが、自分達で作れば丼一杯食べられる。あのときの衝撃と喜びたるや。香味野菜ってすごいなと思った瞬間でした。

サルサを少し調べると、南米を中心に国ごと地域ごとに多様なレシピがあります。でも私が作るのは、いつも最初に出会ったこのレシピ。いまも当時のままで作ります。ピーマンの青い苦味がきいていると味に締まりが出るので、ピーマンは多め推奨。焼いた肉にもりっとかけて食べれば、夏向きの爽やかな味わいになります。今回はポークソテーにしましたが、鶏でも牛でも鴨でもソーセージでもよし。間違いなく肉をひきたててくれます。

余ったサルサは、炒めるといろんな料理のベースにもなる。ひき肉と炒め合わせれば簡単な名もなきパスタソースになるし、冷やご飯とハムなどを加えて炒めればピラフにもなる。だから、このサルサは余っても使い道には決して困りません。むしろ、冷蔵庫の中にあると頼もしいのがこのサルサです。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「ピーマンサルサのポークソテー」

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain 明日、知人の畑から玉ねぎが届く予定なのでさっそく試し… https://t.co/SFCf01d8QX 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada 「ピーマンサルサのポークソテー」 https://t.co/rmxYZmQm5l ピーマン玉ねぎトマトにんにくを刻んで塩とハラペーニョソースを加え、混ぜたら完成。見慣れたごく普通の野菜をただ刻んで混ぜただけなのに、チップスにつけ… https://t.co/vgr0TnqmmR 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

agyrtria サルサ、よく作るけど、いいよね。そうかポークソテーに合わせたことは無かったな⇨ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite