​飲食店のルールはなぜあるの?

チェーン店などとは違って、個人経営のお店には「暗黙のルール」が存在したりします。今回はなぜそんなルールがあるのか、どんなルールがあるのかについて考えます。

カウンター席を使いたがる若いカップル

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、居酒屋を経営している友人から、こんな話を聞きました。

「林さん、最近予約の時にカウンター席でお願いしますって指定する若い二人組のお客様が多いんだよね。うちってカウンター席に座ると料理しているのが見えるから、そういうのに興味あるのかな、ちょっと料理人と会話したいのかな、って思ったら、別にそういうのは全然見ていなくて。
うちのお店のカウンターって常連さんが多くて、結構隣同士で会話するじゃない。でもカウンター席を予約してきたお客様って、その二人だけで会話しているだけで、隣になったお客様と会話するのは嫌がるんだよね。会話したくないのはわかるけど、だったらテーブル席に座ったらいいと思うんだけど……」

たまにbar bossaでも、別にマスターの僕と会話したいわけでもないし、カウンターの他のお客様と会話したいわけでもないのに、「カウンター席をお願いします」っていうカップルの方、いらっしゃいます。

僕は仕事柄、いわゆる「恋愛本」をよく読むからわかるのですが、たぶん、「デートは向かい合うテーブルよりも、隣に座った方が盛り上がる」っていう、「デート必勝法」を見ているからじゃないかと思います。というような話をその人にしたら、たしかに決まってデートで利用している雰囲気だった、と言っていました。

お店のカウンター席って、その店によっていろいろな雰囲気があるから、必ずしもデートに合うとは限らないんですよね。常連さんがカウンターに多い店はまさにそうです。こういう、「お気持ちはわかるのですが、他のお店とうちのお店はちょっと違いますよ」っていう、すれ違いってよくあるので、今日はそんな話を。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fake_0913 https://t.co/4ltIAJTptz 5日前 replyretweetfavorite

verde88988252 予約時間は考えて。お店事情を知る貴重なコラムです✨ 飲食店のルールはなぜあるの?|林伸次 @bar_bossa | 9日前 replyretweetfavorite

lavieenrose_mg 飲食店のルールはなぜあるの? #SmartNews https://t.co/F4ZVMVcGtI 9日前 replyretweetfavorite

datadisk_tokyo ルールを知ることでより楽しめます。 飲食店のルールはなぜあるの?|林伸次 @bar_bossa | 9日前 replyretweetfavorite