借りパク奇譚

他人の時間を奪ってしまった女の絶望 #13

【前回までのあらすじ】これまでの「借りパク」を懺悔するために寺に集まった男女4人。順番に罪の詳細が語られていくなか、最後のひとりであるクロエが「私は他人から時間を奪い、自分の時間を増やすという体験をした」と語りだす。知人の女性からとあるバイトを紹介されたクロエ。そのバイトは、バイト代が『お金』ではなく『時間』で支払われるというものだったーー。前回のお話はこちらからどうぞ。

3日後、私は初めてそのバイトをしました。そして結果、自分の時間が増えるという体験をしました。知人や面接官の女性の話は本当だったんです。

以後、私は何度となくその仕事をし、多くの時間を借りました。当時は必死でしたから、それが良いとか、悪いとか、仕組みは?とかそんなことは一切考えませんでした。いえ、考えないようにしていたんだと思います。やはりそれが普通ではないことはわかっていましたから。

ただある時、急に怖くなったんです。どういった仕組みでこんなことが可能なのか? 時間を返すのは、本当にずっと後でいいのか?いざ返すとなったら利息がかかるのではないか? 一度それらが気になり出すともうそれを考えないわけにはいきませんでした。

耐えられなくなった私はある時思い切って担当者に質問してみました。仕事をするときはいつも、私がバイトに入れる日を担当者にメールで連絡し、担当者がバイトの場所や時間などを電話で伝えてくる、そんなスタイルだったんです。

質問した私に担当者は一度事務所に来るように言いました。その説明は事務所でするルールになっているのだと。また新宿のあの部屋へ行かなくてはならないのかと少し気が重かったのですが、やはり疑念を曖昧にするわけにもいかず、また、もう一度あの面接官の女性と会えるかもしれないという少しの期待があって、2日後私は事務所を訪ねました。

ところが約束の日、例の場所を訪ねるも、もうそこに事務所はありませんでした。からっぽになった事務所からは、「質問に答えることはできない、あなたの役目もここまで」そんな声が聞こえてくるようでした。私はビルを出て、一応担当者に電話をかけてみました。

おかけになった電話番号は────。

その徹底ぶりに驚きながら、私は悟りました。私はしてはいけない質問をしてしまったのだと。こうして私はバイトをクビになりました。そしてバイトが一体なんだったのか、それを知るすべを失ってしまったんです。

それから思い悩む日々が続きました。私はすでに多くの時間を借りていました。先方との雇用関係が終わったからといって、時間を返さなくて済むということはないだろうと。それでは時間を返すのは一体いつで、どんな形になのか? 内容が内容だけに、相談する相手もいませんでした。唯一それが可能であったバイトの紹介者の知人も、その頃には疎遠になっていて、連絡先を変えたのか連絡が取れなくなっていました。もしかしたらその件に関しても先方が何かしら絡んでいたのかもしれませんが、それは不明です。結局、私はなすすべなく日々を過ごしていました。

ところがある時、不思議なことが起こりました。その日、私は友達の家に遊びに行く予定があり、電車を乗り継いで友達の家へ向かっていました。地下鉄のホームのベンチに座って電車を待っていた時です、突然誰かに声をかけられました。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
借りパク奇譚

宮藤宙太郎

この世にはびこる「借りパク」。それを懺悔し、みそぎができる寺があったら…? 今まで散々借りパクしてきたという悪友に巻き込まれる形で、みそぎに参加することになった主人公・竹中。そこに新たな2人の男女も加わり、奇妙な形で儀式が進んでいく。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません