トマトケチャップの選び方は料理に使いやすい濃度と酸味がポイント

「僕はケチャップにトマトを求めてはいません。ケチャップに求めているのはあくまで『トマトケチャップ』の味です」。そう語る樋口さんがおすすめのケチャップをご紹介。選んだのは、酸味が穏やかでチキンライスなどに加えるときも馴染みやすいあの商品でした。

大さじ2杯のケチャップを作るのにトマトが1個必要

オムライスやフライドポテトに欠かせないトマトケチャップ。多くの家庭の冷蔵庫に1本は入っているでしょう。

数あるトマト加工品のなかでもトマトケチャップは傑作です。トマトケチャップの主な原材料はトマト、玉ねぎやにんにく、酢、糖類、香辛料。酢が入っているので開封前であれば常温でも保存が効き、開封後もすぐに劣化しません。

また、大さじ2杯のトマトケチャップを作るのにトマトが1個必要なのですが、それだけ成分なども濃縮されているということ。特に健康効果が期待されるリコピンが豊富で、その色がトマトケチャップの特徴にもなっています。

メーカーによって意外と味が違う

なぜ、トマトケチャップはこれほど愛されるのでしょうか? その理由の一つはうま味物質。トマトに含まれるグルタミン酸ナトリウムが様々な料理の味を引き立てるからです。業務用のトマトケチャップは色が濃いタイプから味と濃度が強いパン用タイプ、惣菜用の濃い味まで様々なタイプが販売されています。

ケチャップは種類が多く、いつも決まった商品を買いがち。それでも並べてみると意外と味が違うのがわかります。日本の大手はカゴメで、トマトの味もしっかりとする安定の味。個人的な印象ですが、デルモンテは酸味が穏やかで、トマトの風味も控えめです。世界一のシェアを誇るハインツのケチャップはクローブの甘い香りが特徴。絞ると流れにくいので、ホットドッグによく使われるのも納得です。

最近ではこちらの商品のようなリコピン豊富タイプが登場したことで、ケチャップ棚の景色は少し変わりました。高リコピンタイプのトマトケチャップはいわゆる「トマト感」が強いのが特徴。酸味が気になる方には向きませんが、色がきれいに出るという長所もあります。

おすすめは料理に使いやすい濃度でバランスの取れた味

ただ、僕はケチャップにトマトを求めてはいません。ケチャップに求めているのはあくまで「トマトケチャップ」の味です。そこで僕がおすすめするのがこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません