​好きなお店を守る簡単な方法

大切なお店は誰にも教えない、と思っている人も少なくないと思いますが、今飲食店は危機に瀕しています。大切なお店がいつまでも続くように、簡単にできる応援方法を、林伸次さんが飲食店の立場から書いていきます。

昔は好きなお店は秘密にしていた

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

タレントのジローラモさんが、女性とデートするときの飲食店についてこんな風に語っていたことがありました。A子さんとの食事は必ずこのレストラン、B子さんとの食事は必ずまた別の決まったレストラン、という風に、女性によって行く店を決めてしまうそうなんです。

そうすることのメリットはふたつ考えられます。

女性と食事をしているときに、「あ、この料理前に食べたよね?」なんて言ってしまったとき、その女性が「え? 私このお店は今日が初めてだけど?」みたいな危険な間違いがなくなるというのがまずひとつです。

もうひとつが、女性と食事をしているときに、以前このお店でデートをしたことがある女性とかち合わせする可能性がなくなるというものです。これ、説明いたしますと、例えばA子さんと青山のイタリアンに行ったとして、A子さんが「ここ美味しい!」ってすごく気に入ったとしますよね。そしたらA子さんが、別の日にプライベートで他の友達とこの青山のイタリアンに来る可能性ってじゅうぶんあり得るんです。

だから、その青山のイタリアンにはA子さんとしか行かないと決めてしまえば、かち合わせはまずないというわけです。

ここまでの話は極端ですが、bar bossaを「このお店はあまりみんなには教えない」と決めていただけることって、実はよくあるんですね。「ここに自分と一緒に飲みに来る友人は、自分ではこのバーを利用しない人を選んでる」って断言されること、少なくないんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bung010 「お店のことをSNSでシェアしてあげてほしいです。」その通りなんだけど、住所や行動範囲が特定されそうで、店名は出しづらいんだよなぁ。Googleでの高評価をマメにするべきなんだろうな。 https://t.co/kKaZx6AClo 21日前 replyretweetfavorite

mistier 好きなお店守りたいですね。私は石の華が好きです。子どもが小さかったので帰省でも立ち寄れず、コロナで帰省もできなくなり遠のきっぱなし。哀しい。 好きなお店を守る簡単な方法|林伸次 @bar_bossa | 22日前 replyretweetfavorite

lavieenrose_mg 好きなお店を守る簡単な方法 #SmartNews https://t.co/FpSUrpS1uM 23日前 replyretweetfavorite

datadisk_tokyo Googleマップにもクチコミろう。 23日前 replyretweetfavorite