わかる日本書紀

憲法十七条「地方官がいばるな」「嫉妬するな」【第33代⑤】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第4巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第33代、推古天皇の御代のお話(提供元:西日本出版社)。

憲法十七条②

※憲法十七条の一~八はこちら

九・信は是(これ)義の本(もと)なり
(信頼を得ることは義の根本である)

世の万事の根本に信があるべきだ。善と悪、成功と失敗の根本は、必ず信にある。公務に携わる者全てがともに信を持てば成就しないものはなく、信がなければ、ことごとく失敗するだろう。

第九条
「信」の重要性を述べる。国税局が国民に不信感を持たれると、税収が減るのは理の当然だろう。


十・忿(ふん)を絶ち瞋(しん)を棄てて、人の違(たが)ふことを怒(いか)らざれ
(怒りを心に抱かず、また顔色に出さず、人が自分と違っているからといって憤らないようにしなさい)

人には皆心があり、心にはそれぞれのこだわりがある。相手が正しければこちらは間違っており、自分が正しければ相手が間違っている。自分が聖人というわけでもなく、相手が愚人というわけでもなく、ともに凡夫なのである。何が正しく、何が間違っているか、だれが決めることができようか。

お互いが賢でもあり愚でもあるということは、(かん)※1が丸くて端がないようなもので区別がつかない。それゆえ、相手が怒っていたら、自分が間違っているのではないだろうかと考え、自分だけが良いと思っても、皆の意見に従って行動せよ。

第十条
怒りの無意味さと多様性に対する寛容性を述べる。ダイバーシティーは新しい発想ではない。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません