借りパク奇譚

悪友の口から飛び出した恐ろしい言葉 #6

【前回までのあらすじ】これまでの「借りパク」を懺悔するために寺に集まった男女4人。住職に儀式用の名前を与えられ、主人公の竹中を皮切りに、今まで借りパクしてしまったものを皆の前で告白していく。3番目の告白者は、竹中を寺に誘った張本人である悪友の山田(儀式名カンバルジャン)。山田が借りパクしたものとは一体――。前回のお話はこちらからどうぞ。

続いて亮潤が指名したのは満を侍して登場の大悪党「カリパクジャン」。

さて、聞かせてもらおう、貴様の悪事の数々を! 全く興味はないがな。

「それでは、読み上げます。コホン」

と、礼のあとに余計な枕詞と、無駄な咳ばらいをしてからジャンは始めた。

「えー、将棋のゲームソフト、竹中隆、6千円ぐらい、えーどうしても返したくなかったため、借りていることをとぼけてしまった。あっ、そんな私の心の弱さ」

てめえか、こらっ!!! 竹中隆。それはつまり、おれのことなのだ。

小学3年生の頃、クラスで将棋が流行っていた。おれも例にもれずハマっていた。いや、おれは周りの誰よりもハマっていた。だからおれはあの時、なけなしの小遣いで格闘ゲームやRPGより、将棋のゲームを買うことを優先した。当時将棋のソフトを持っている人間はめずらしかったから、次から次に貸し出しの希望者がおれのもとを訪れた。その中の一人に山田もいたのである。

ソフトが色々な人の手に渡るなか、あろうことかある時、将棋のソフトは行方不明になってしまった。まったく、今考えると、とんでもない話なのだが、おれが小学生の頃はそんなことがたまにあったのだ。

まさか、あの迷宮入り事件の犯人が、こんな間近にいたとは。山田からは3万6千円(懺悔の門への参加費 +  ゲームソフト代)いや、慰謝料も含めて、5万円を請求せねばならない。

それにしても最後にとってつけたように言った「わたしの心の弱さ」とはなんだ。あいつはそんなことを絶対書いていない。ボンネの懺悔を聞いて、急遽言い回しをパクったのである。 恐ろしき『カリパクジャン』。

その後も『カリパクジャン』は自分の犯罪をつらつらと読み上げていく。

文庫本、漫画、雑誌、参考書、写真集、CD、寝巻き、掃除機、デジカメ、ワープロ、靴下、空気入れ、ネクタイ、喪服、マウス、靴、ウォークマン、やかん、アイロン、アイロン台、ボイスレコーダー、軍手、はさみ、タイガーアイのブレスレット、イヤホン、リュック、ギター、アンプ、譜面台、上履き、とまあ出るわ出るわ。よくもそんなにパクり倒せたものである。

いい加減『カリパクジャン』の懺悔にも飽きてきた頃、やつの口からさらなる恐ろしい言葉が飛び出した。

「えー3万円、竹中隆、3万円、お金がなく甘えてしまった、私の心の弱さ」

おれは思わず立ち上がる。

亮潤様以下、懺悔を聞いていた皆の視線がおれに集中する。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
借りパク奇譚

宮藤宙太郎

この世にはびこる「借りパク」。それを懺悔し、みそぎができる寺があったら…? 今まで散々借りパクしてきたという悪友に巻き込まれる形で、みそぎに参加することになった主人公・竹中。そこに新たな2人の男女も加わり、奇妙な形で儀式が進んでいく。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません