借りパク奇譚

全員の前で、何を借りパクしたのかを晒すエグい儀式が始まった #5

【前回までのあらすじ】これまでの「借りパク」を懺悔する儀式で、住職から別名を与えられた男女4人。儀式は進み、自分が借りパクしてしまったものをリストに記入することに。竹中たかし(儀式名たけし)は、大学時代に先輩から借りた1冊の文庫本のことを思い出して記入する。一つだけだとさすがに嘘くさいと思い、必死に記憶を掘り返してみるとーーー。前回のお話はこちらからどうぞ。

散々記憶を堀りかえした結果、おれはもう一つ、借りパクした「レモン」を思い出した。

これまた大学時代の話である。友人の家、学部の友達男4人で飲んでいた。どいつもこいつも、やたらハイボールが好きな奴らだった。その日もおれたちは例のごとくハイペースで飲み続け、順調に氷とレモンと炭酸水、それから安いウィスキーを消費していった。

いつもに増してみんな飲んだのか、途中、とうとう潤沢じゅんたくに買っていたはずのレモンが切れてしまった。安いウィスキーで満足しているくせに、レモンなしじゃハイボールとは言えない、と変なこだわりがあったおれたちは、むむむと悩んだ。それというのも、その日は極寒、どうしても近所のスーパー(チャリで10分)まで行くのが億劫だったからだ。

そして、今思い出しても愚かな考えなのだが、ジャンケンで負けたヤツが、隣の部屋の住人にレモンを借りに行こうと、いうことになったのだ。

誰かが言った「昔の日本は調味料とか貸し借りしてたろ」とおよそ説得力のない言葉に、「今度買って返せばいいじゃん、いいじゃん」と同意、まさしく、くそっぱらい(くそな酔っぱらい)達は納得し、いざジャンケン。見事に負けたおれは、えいやと隣の部屋を訪ねた。

隣の住人は、若く優しい、大人の男性だった。くそっぱらいの話をふんふん聞いてくれ、「ああ、あげるよ」となんと奇跡的に持っていたレモンを2つくれたのだ。おれは恐縮し、「後日必ず返します! ありがとうございます!」と何度もお礼を言って友人の部屋に戻った。

「お前は凄い! 勇者だ。レモンは明日、おれが買って返しておく」。部屋の住人「坂上」は、調子よくおれを讃えた。おれは誇らしい気分にさえなったものだ。しかし、後になって(それは社会人になって何年目かの、久しぶりに4人で集まった時の飲み会だった)坂上はその後、レモンを返していなかったことが判明した。飲み会の時とはテンションが違ったんだという坂上、まあわからんでもないが、結果おれが借りパクしたことになってしまったのだ。まあ、あのお兄さんは「あげる」と言ったわけで、正直これに関しても借りパクというと少し違う気はするが、この際仕方ない。

記述開始から30分、山田以外の全員はペンを置いていたが、依然あいつはカリカリカリカリ、一人筆記試験状態。あろうことか4枚目の紙に取り掛かっていた。

さらにそれから10分、開始から40分を少し過ぎたところで、ようやく山田がペンを置き、記入時間は終了となった。直前まで、全力疾走していた『ジュケバルジャン』。その顔にはやりきったぞ、という意味不明な満足感があふれていた。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
借りパク奇譚

宮藤宙太郎

この世にはびこる「借りパク」。それを懺悔し、みそぎができる寺があったら…? 今まで散々借りパクしてきたという悪友に巻き込まれる形で、みそぎに参加することになった主人公・竹中。そこに新たな2人の男女も加わり、奇妙な形で儀式が進んでいく。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません