計量は料理の基本」 スプーンより便利な「はかり」の選び方

「計量は料理の基本」という樋口さん。今回はそのために欠かせない〈はかり〉の話です。いちいちはかりを持ち出して計るのは面倒に感じますが、ちゃんと使うと料理に使ってもメリットがあるそうです。そんな便利な使い方とおすすめアイテムを紹介します。

はかりを使うと作業が早くなる

「計量は料理の基本」。そのために欠かせないのが〈はかり〉です。

はかりは重さを測る道具。料理に詳しい方は「はかりを使いましょう」と聞くとお菓子作りを想像するかもしれませんが、料理に使ってもメリットがあります。例えば計量スプーンを使うより正確、かつ早く作業ができることです。

例えばしょう油を大さじ4、計量すると、表面張力でいっぱいになるまで慎重にしょう油を注ぎ、それを4回繰り返す必要があります。

食材ごとの「小さじ1=◯g」を知っておくと便利

一方、はかりを使う場合はしょう油大さじ1は18gですから、18g×4で72gを計量すれば一回で作業が終わります。計量スプーンを使う回数が増えればそれだけ誤差も大きくなりますが、はかりであれば最小限で済むのもメリット。

砂糖や塩、小麦粉なども計量スプーンの場合、正確に擦り切る必要がありますが、はかりを使えばその手間は不要です。ポイントは食塩は小さじ1=6g、粗塩は小さじ1=5gという具合によく使う食材の重量を把握しておくこと。

昔のレシピは基本的に「大さじ、小さじ」で表記していましたが、最近では「g表記」も増えています。注意するのは上白糖とグラニュー糖、食塩と並塩、みりんとみりん風調味料といった、似ているけれど質量が異なる食材です。上記は一例ですが、インターネットで検索すれば一覧が出てきますから、印刷して冷蔵庫などに貼っておくと便利です。

重さをはかる習慣をつければ仕上がりの味が安定します。例えばトマトソースを作る際は、晴れた日と雨の日では水分の蒸発率が異なり、同じ時間煮込んでも出来上がりは変わってきます。その時、出来上がったトマトソースを一度計量し、その重さを基準とすれば味が安定しますし、味付けも重量比に対して塩を加えればかんたんです。例えば0.8%塩分であれば「(重量÷100)×0.8」です。

おすすめはあのベストセラー商品

少し前置きが長くなりましたが、僕がおすすめするはかりはこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask タニタ クッキングスケール、2個使いしてますわ…あれ使いやすい。重いものを乗せると0.1g刻みができなくなるけど。 |樋口直哉|樋口さん、どれがいちばんですか? https://t.co/PY65WMASRX 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sakuramochiy ちょうどお薦めを探してたんだ! ☑ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab Cakesの記事も更新。クッキングスケールは国産がやっぱりベターなのですが、選択肢があまりなく、定番が強い商品という印象。 https://t.co/1nKoVMpajr 約2ヶ月前 replyretweetfavorite