こんな時だからこそ旅のこと。

この連載では、文芸オタクの三宅香帆さんがシチュエーションに合った本を独断と偏見をもって「処方」していきます。第21回は、旅に出る前に開きたい1冊。なかなか旅に出られないご時世ですが、気持ちだけはあの怖くてワクワクする感じ、味わってみませんか? 著書『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』から特別収録。(提供元:幻冬舎)

21. 旅に出る前に読みたい本

酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記
恩田陸 ( 講談社文庫、二〇〇八年)

効く一言
気に入った場所、雰囲気のある場所に出会った時に、そこを舞台にして何が起きるかを考える。いや、考えるというより、自分やその場所に聞いてみるというほうが正しいだろう。

旅に出る。
はい、そこのあなた。旅に出るの、怖いですか? それとも楽しみですか?  私はわりと、怖がりタイプです。

ていうか旅だけじゃなく、何に対しても期待よりも恐怖のほうが勝る。だから私にとっての旅行って、【自分の恐怖とどう向き合うか】という人生の最高難度のテーマと向き合ういいきっかけ、というか、これから来るべき人生に対する高度な予行演習をしているよーなもんだと思っている。

何のための予行演習かと言うと……何だろう?  いやそんな心配したって、何にもならないよ! 怖くない怖くない!  私は自分の内なる恐怖を笑い飛ばして、怖がりでないふりをする。今日も。

……だけど恩田陸さんの紀行エッセイ『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』を読んでいると、自分の「旅に対する漠然とした恐怖」なんて忘れてしまう。

なぜならば、自分の数百倍も旅を怖がっている作者がそこにいるため、読むと自分の不安など忘れてしまうのである。

作者が感じている「旅への恐怖」とは何か。

それは「飛行機が怖い」ことなんである。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
人生のあらゆる場面で、あなたにぴったりの一冊、処方いたします。

この連載について

初回を読む
副作用あります!? 人生おたすけ処方本

三宅香帆

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません