花粉症CMとの付き合い方

暖かくなるにつれて、多くの人を悩ませるのが花粉症。テレビではこの時期になると、花粉症に効く鼻炎薬のCMが多くなります。今回はそんなCMについて、花粉症の武田砂鉄さんが論じます。

大量の花粉が飛び立つ映像

もう30年ほど過度の花粉症が続いているので、この時期になると口に出す文句は同じ。「こんなの治せるに決まっているのに、金儲けの手段がなくなるのが嫌だから放っておくんだ!」という根拠のない悪口。こう吐き続けているとどこからともなく人が近づいてきて、「〇〇茶が効くらしいよ」「〇〇さんは1本5万円の注射を打って治ったらしいよ」と言う。その真偽を確かめる前に鼻水が垂れてきて、ああ、この季節だなと覚悟を決める。

スギ林から大量の花粉が飛び立つ映像を用いる薬のCMは少なくなった。花粉症は気分では治らないが、気分で悪化はする。あれを見ると鼻が痒くなってくるという仲間たちは多い。CMというのは基本的に視聴者に寄り添おうとするものだが、あの映像はあまりにも挑発的。しかし、それはもちろん意図的な挑発であって、痒くなってドラッグストアに駆け込ませればそれでいいのである。

CM好感度ランキングの上位は携帯会社

CM総合研究所による昨年のCM好感度ランキングの上位は、軒並み携帯会社だ。1位から6位まで、au→Softbank→NTT DOCOMO→ワイモバイル→楽天モバイル→UQと続く。そのおおよそで複数の芸能人が登場し、その商品を紹介するのを一義とせずに、彼ら・彼女らが戯れる様子を定期的に映す。新たな登場人物が増えるたびにワイドショー等で報じられ、物語を作り出しながらブランディングを高めていく。この手のスマホのCMに出て、ファミリーの一員になりたがる芸能人は多いはず。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
武田砂鉄責任編集。多量記事で多角的に、「TBSラジオ」を物語る。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません