種田山頭火「私は労れた」

歴史に名を残す人物たちも、実は「愚痴」をこぼしながら生きていた! 渋沢栄一から夏目漱石、豊臣秀吉にナイチンゲールまで、人生の苦境で言わずにおれなかった愚痴150篇。女性への未練、お金の無心や仕事の焦り、家族への恨みなど現代人と変わらない不平不満です。読めばなぜか勇気がわいてくる、愚痴ノンフィクション! 10月21日発売の近刊『人間愚痴大全』より特別公開します。(提供元:小学館集英社プロダクション)

40代、不遇・人生にまつわる愚痴

種田山頭火(俳人)


1882年-1940年。山口県防府町(現防府市)生まれ。本名、正一。五・七・五の音律にとらわれない自由律俳句で人気の俳人。荻原井泉水に師事。出家して漂泊の旅に出、さまざまな句を詠んだ。全国に600以上の句碑がある。

世の中の矛盾に耐えられない

自由律俳句の名手として人気のある種田山頭火。彼が数えで50歳(満49歳)の年に書いた小文にこうある。

私は労れた。歩くことにも労れたが、それよりも行乞の矛盾を繰り返すことに労れた。(中略)応供の資格なくして供養を受ける苦脳悩には堪えきれなくなったのである」

43歳で出家した山頭火は、その後托鉢して歩く旅に出たのだが、「それにも疲れた。なによりそんな資格も値打もないのに、施しを受けて回る矛盾に疲れた」といっているのだ。

ここで、これまでの山頭火の人生を振り返ってみよう。

山口県の大地主の子として生まれた彼に最初に降りかかった不幸は、10歳で母を亡くしたことだろう。自死である。

のちに俳句を学び、早稲田大学に入ったが、神経衰弱のために退学することになる。その後、帰郷して父とともに酒造業を営み、27歳で結婚。翌年に子どもも生まれている。

しかし、34歳で酒造業は破産。熊本で古書店などを開いたが、結局、妻とも別れることになる。その後、東京に出て図書館で働いたこともあったが、関東大震災の際、社会主義者と間違えられ、拘置所に入れられるという苦い経験もする。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
なぜか、勇気が出てくる。不平不満の150篇。

人間愚痴大全

福田 智弘
小学館集英社プロダクション
2021-10-21

この連載について

初回を読む
なぜか勇気が出てくる 人間愚痴大全

福田智弘

「今日も飯はうまくない」「アルコールでごまかすより外なかった」 天才と呼ばれる作家に芸術家、世界を変えた政治家に勇猛な武将まで、歴史に名を残す人物たちも、実は「愚痴」をこぼしながら生きていた! 渋沢栄一から夏目漱石、豊臣秀吉に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

AU_8379 #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite