利益のためには嫌な人とも付き合っていくべきか

今回人との付き合い方についての相談です。仲良くしていると得がありそうだけど、人間的には首をかしげるタイプの人と、付き合いを続けるべきか。MBさんならどのように考えるのでしょうか。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。


ペンネーム:がんばる

こんにちは、いつも勉強させて頂いております。

今日は人との別れについて相談したく思います。

数年前、ある人(Aさんとします)とある勉強会で知り合いました(前提として私もAさんも男です)。Aさんは会社を経営しお金持ち、学歴も申し分ない、背も190センチ、ルックスも良い、各所に顔も広いと一般人から見れば超ハイスペックの方でした。色々な活動や新しいことにも挑戦するバイタリティーもありそこは今でも見習うべきところだったと思っています。

Aさんに憧れ、一緒に食事を行ったり交流をそれなりに深めていきました。その方に認められたく引っ越しの手伝いや所有しているマンションの清掃なども依頼されやっていました。しかしある程度付き合ったところで、ふとしたところでその方の悪い面が見えてきました。人の批判が多い、差別的発言が多い、自分の意に沿わない人に対する狭量さ、他人の人格否定の言動などです(それを全てSNSで行うのです)。その言動は段々自分にも向けられ、次第にAさんと会った後は緊張感でぐったりと疲労するようになりました。

何かAさんのご機嫌を取るための人生になっているようで違和感を感じていたところに上記言動が酷くなり、たまらずAさんに反論したところSNSでどぎつい批判記事をあげられそのまま絶縁しました。

Aさんは今も精力的に色々な活動をしているようで、Aさんが作ったコミニュティがあるのですが、一般人から見れば成功者が集まるコミュニティになったと思われます。

自分は主体的な人生を生きるために絶縁やむ無しだったと思っていますが、一方で成功者が集まるコミュニティに在籍し続けていればどうなっていたかなと思うときもあります。

前置きが長くなりましたが、質問させて頂きます。もしMBさんが自分の事業、活動に非常にプラスになる方がいたとしてその方が人間的、価値観的に合わない場合でもそこは目をつぶり付き合いを続けますか。それともお別れしますでしょうか。目的の達成するためには人の属性、性格など度外視して目的を取りに行くという考えもありうると思います。

お忙しいところ申し訳ありませんが、是非お考えをお聞かせ頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

追伸:質問とは直接関係ありませんが、私はMBさんの記事に出てくる表現である「もちろん…という考えもあるけれど」「もちろん…が絶対ダメじゃないけれど」は、とても重要なことだと感じ常に心に置いております。

ありがとうございます。

全ての人類が共通する目的が「人生を幸せにすること」

以前から書いている通りですが、全ての人類に共通する目的が「人生を幸せにすること」です。幸せの形は人それぞれですが、全ての人は幸せになろうとしてあらゆる行動を選択しています。

さらに言うと、「人生を幸せにすること」とはつまり「”幸せな時間”をなるべく増やすこと」です。人生の構成単位は「時間」ですから、なるべく、

楽しい
嬉しい
気持ちいい
美味しい
感動する
面白い

などのポジティブな時間を1分でも増やしていくことが、人生の明暗を分けることになります。ここに異論を唱える人はほぼいないはずです。

しかしながら残念なことに、そうしたポジティブな時間だけで人生を満たすのはかなり難易度が高いです。というか多分不可能です。共同体である「社会」で生きる限り、我々はどこかで我慢を強いられるし、どこかで嫌なことをやらなくてはいけません。

脱サラし組織から解放され起業したとしても、やっぱり嫌なことをやる時間はあります。僕は他人よりもかなり幸せな時間が多いですが、それでも100%ではありません。1週間のうちおそらく1日くらい(1/7程度)は嫌なことをやってると思います。社会には様々な他人がおり、そしてそれぞれの幸せを求めながら暮らしているので、どこかに他者との衝突ポイントは出てくる。嫌なことを人生から「完全に」切り離すことはできないのです。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません