合コン前夜に読んでほしい本とは…?(女性向け)

この連載では、文芸オタクの三宅香帆さんがシチュエーションに合った本を独断と偏見をもって「処方」していきます。第18回は、合コン前夜に読んでほしい本(女性編)です!ど、どういうことなのか…?それはぜひこちらの記事を読んでみてください。パワフルな女性代表・『風と共に去りぬ』のスカーレットから元気をもらいましょう!著書『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』から特別収録。(提供元:幻冬舎)

18. 合コン前に読みたい本(女性向け)

風と共に去りぬ
マーガレット・ミッチェル ( 1 ~ 5 、大久保康雄・竹内道之助訳、新潮文庫、一九七七年)

効く一言
「死と税金と出産! こればかりは都合のいいときなんて絶対にないんだわ!」

むかし友達と「飲み会や合コンその他で、もっともよい殿方に出会う方法とはいかなるものか」ということについて議論したんですよ。我ながら話題が俗っぽくて苦笑してしまいますが。ここで恥をしのんで、その会話を覚えている限り一部書き起こしてみますね。

「でもたいていさ、いい人に出会うぞ~とがっついてるときって、いい人に出会えないよね?」
「あーちょっと分かる。ぼんやり行ったときのほうがうまくいきそう」
「なんでやろねー、やっぱりがっついてると相手が引くんかな」
「それもあるやろけど、こっちに余裕あるときのほうがぼんやり相手に好意持てるから、ハズレでもいい! とはなりにくいっていうか」
「たしかに~。余裕ないと相手に過剰に期待しすぎて、結局いいように見積もりすぎたり、わるいように見えすぎたりする」
それな。同じ相手が来ても、余裕によってこっちの対応がちがうよ

女子会とはこのような会話の集積を指すわけですが、今日ふとこの話を思い出しまして、そして結論を出しました。

世の女子たちに合コン前夜に読んでほしい本! 

それは、『風と共に去りぬ』なのだ ……と!

『風と共に去りぬ』といえばヴィヴィアン・リー主演の映画が有名なんですが、小説もま~~~名作なんですよ。大好き。あまりに面白くて全五巻一気に一晩で読んだんですけど。  

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
人生のあらゆる場面で、あなたにぴったりの一冊、処方いたします。

この連載について

初回を読む
副作用あります!? 人生おたすけ処方本

三宅香帆

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません