カップ麺に入れると美味しい?マヨネーズの意外な使い方とベストな選択とは

大きく分けると全卵タイプと卵黄タイプの2種類があるマヨネーズ。どちらにせよ、市販品のほうがおいしい、と樋口さん。イチバンに選んだのは、あの印象的なマヨネーズでした。そして今回も意外な使い方を教えてくれました。

マヨネーズは“手作りではかなわない”調味料

「手作りはおいしい」という文句はわかりやすいですが、しょう油やみそといった醸造調味料などは買うのがおいしさへの近道。餅は餅屋ではありませんが、人生をそれに捧げているプロに任せるのが一番です。

もう一つ、手作りではかなわない調味料が「マヨネーズ」です。マヨネーズは手作りできますが、市販品と比べると「しっかりとした味」に、悪く言えば「重たい味」になります。その理由は「油滴の大きさ」です。

マヨネーズは酢と油という本来混ざらないものを卵黄で繋いだ「乳濁液」(エマルジョン)です。市販品は業務用の攪拌機で力強く混ぜるので、油の大きさが1mmの1000分の1程度まで細かくなります。一方、手と泡立て器で作ると1mmの1000分の3程度の細かさにしかならないので、舌にのせた時に「重さ」を感じるのです。油滴の大きさはほんの僅かの差なのですが、人間の感覚はすごいもの。

原材料によって大きく2種類にわけられる

マヨネーズに使用できる原料は日本農林規格(JAS)で厳しく定められており、着色料、保存料、増粘剤などは一切使えません。それでもメーカーによって、大きく2種類のマヨネーズに分類できます。それは原材料に『全卵』を使っているか、『卵黄のみ』の2つです。

スーパーでよく見かける前者の代表は『味の素ピュアセレクトマヨネーズ』で、後者は『キユーピーマヨネーズ』といったところでしょうか。全卵を使用しているタイプはコクがやや弱いですが、トースターなどで焼いた時〈形を保ち、焼き色もきれいにつく〉という長所があります。

一方、卵黄タイプのマヨネーズは卵に由来するコクが強く、濃厚な味が特徴。こちらは生野菜のサラダやポテトサラダなど加熱しない料理に向いています。

イチバンに選んだは、あの印象的なマヨネーズ

さて、市販のマヨネーズのオススメはこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

32k8uto マヨネーズ材料の全卵、卵黄による… https://t.co/a9QLIHnqBx 3ヶ月前 replyretweetfavorite

runohito1 アマゾンのリンクがあるけど、べらぼうな値段(倍くらい)なので注意 → 3ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab マヨネーズ、全卵タイプと卵黄のみタイプで性質が変わります!  3ヶ月前 replyretweetfavorite