アレクサを楽しむ人・なぜか敬遠する人

【理系クンの日々アップデート育児#132】
スマートスピーカーが我が家にやってきた!「アレクサ、〇〇して~」と声をかけるだけで音楽再生やタイマー機能、さらには子どもたちの遊び相手にもなるスマートスピーカーに「ドラえもんへの第一歩…?」と感動する高世さん。その一方で、最新デジタル機器大好きな夫・N島さんはテンション低め。その理由は…?(提供元:文藝春秋)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
コロナ禍でもN島クンは「理系思考」で仕事・家事・育児にチャレンジ!

この連載について

初回を読む
理系クンの日々アップデート育児

高世えり子

日々残業に追われる理系夫のN島クンと、ザ・文系のマンガ家・高世えり子夫婦は結婚12年目。長女は9歳で長男が5歳。 忙しい中でもパパ業に励む夫と妻の前に、次々と難題が。どこに落とし穴があるかわからない「こどものネット問題」や、大人だけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

xyz_abc_999 N島クンの意見にも同感だけど、昨今増えている音声系の機械は聴覚や発話障害者を置き去りにしている。Zoomや学校のオンライン教育もそうだね。あれも障害児には厳しい@takase_eriko | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kawac N島さんの気持ちが分かりすぎて辛い哺乳類... - 3ヶ月前 replyretweetfavorite

shu_alter 旦那様のお気持ち分かる、分かるぞォー!私もテキスト打ち込みでやる方が気楽派です! 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yossi_no 私もありがとうって言ってもらいたい時あるかも〜・笑。カワイイ 4ヶ月前 replyretweetfavorite