アルミホイルは「箱」で選ぶ。美味しい使い方と意外な注意点もご紹介

普段なにげなく使っているアルミホイル。市販の商品にはほとんど性能差がないため、選び方がむずかしいですが、樋口さんが注目しているのは「箱」。安いものは付属の歯の切れ味が悪く、使いづらいことが多いそうです。そこで箱で選ぶおすすめ商品を教えてもらいました。

アルミホイル選びで見るべきは「箱」!

アルミホイルって持っていますか? あれば便利という感じで特に気に留めてない人が多いのではないでしょうか。一般的な使い方はオーブンで肉や魚を焼く時に敷いたり、落し蓋に使うくらいですが、アルミホイルの用途はこれだけではありません。今日はアルミホイルの一番と使い方をご紹介します。

アルミホイルは台所に常備しておくべきアイテムです。アルミホイルはJAS法で「アルミ箔」として定義され、アルミニウムを厚さ0.2mm~0.006mmまで圧延で薄く伸ばしたもの。パッケージには「μm(100万分の1m=1000分の1mm)」という単位で厚さが示されていて、一般的には11〜12μm厚がほとんどで、それより薄いものはチョコレートなどの包装用としておなじみです。

市販で入手できるアルミホイルに性能差はほとんどなく、違うのは幅や長さ、包装されている箱などです。幅は一般的には20cm〜25cmが多く、業務用は30cm以上といったところ。大きいものは食材をまるごと包んで蒸し焼きにする時、便利ですが、手に入りづらいのが難点。

スーパーや量販店でいちいちアルミホイルを選んだりしないと思いますが、安い製品は箱が弱く、付属の歯の切れ味も悪いので、意外と使いづらいもの。僕がおすすめする製品はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

infobooks14 #おすすめの本 2022年01月29日 05時00分 4ヶ月前 replyretweetfavorite

MildyMildy こんなんあるんだ 便利そう 買おうかな。 |樋口直哉 @naoya_foodlab https://t.co/tDgiILgEbW 4ヶ月前 replyretweetfavorite