結婚したい女と結婚したくない男

この連載では、文芸オタクの三宅香帆さんがシチュエーションに合った本を独断と偏見をもって「処方」していきます。第14回は、結婚について『エマ』から考えてみます。そもそもなぜ私たちは結婚したい(もしくはしたくない)と思うのか? 男女の価値観の違いがなぜか顕著な「結婚観」について、少し深掘りしてみます。著書『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』から特別収録。(提供元:幻冬舎)

14. プロポーズ前夜に読みたい本

エマ
ジェイン・オースティン ( 上・下、中野康司訳、ちくま文庫、二〇〇五年)

効く一言
「プロポーズを断わる女性がいるなんて、男性には理解できないでしょうね! 女性は結婚を申し込まれたら、 必ず『はい』と返事をすると、男性は思っているんですもの」

「そうでしょうね!」エマも負けずに大きな声で言った。「プロポーズを断わる女性がいるなんて、男性には理解できないでしょうね! 女性は結婚を申し込まれたら、必ず『はい』と返事をすると、男性は思っているんですもの」

「馬鹿な! 男はそんなこと思ってない。でも、これはどういうことなんだ?  ハリエット・スミスがロバート・マーティンを断わった? もしほんとなら、頭がどうかしてる。きみの思い違いじゃないのか?」 (『エマ』、上)

結婚という概念に対する男女差というのは、スライディング逆転をさせると、初体験という概念に対する男女差になるのではないか。 ……というのが友人との女子会で私が気づいた発見である。

はい、意味が分かりますか。説明しますね。意味を分かりたいと思う方だけ以下を読んでください。あ、あとでちゃんと『エマ』の話しますからね。

ジェンダーギャップを消失させる動き激しき昨今。男だからこう考える、女だからこう思う。そんな雑なまとめ方が拒否される、現代社会。

そりゃ女だから文系だとか、男だから理屈っぽいとか、そんなふうにまとめられたら、性格によるやろとツッコミたい。

が、しかし。

二〇一九年になってもなお、(少なくとも私の周りで観測される範囲においては)くっきりと男女で異なる価値観を抱くテーマが存在するんですよ……。  

それは何かといいますと。「結婚」である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
副作用あります!? 人生おたすけ処方本

三宅香帆

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません