わかる日本書紀

日本で最初の尼僧、11歳の女の子・シマちゃん登場【第30代⑥】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第4巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第30代、敏達天皇の御代のお話(提供元:西日本出版社)。

蘇我(そがの)ウマコ大臣(のおおおみ)の崇仏

敏達十三年二月八日、天皇は難波吉士(なにわのきし)イタビ(木蓮子)を新羅に使者として遣わしました。

九月、百済から来日したカフカ(鹿深)※1は、弥勒(みろく)の石像※2を一軀(く)持ってきました。
サエキ(佐伯)連(のむらじ)も仏像を一軀持ってきました。

この年に、ウマコ大臣はその二軀の仏像をもらい受け、すぐに鞍部村主司馬(くらつくりのすぐりしまの)タチト(達等)※3、池辺(いけべの)ヒタ(氷田)直(のあたい)を使者に立てて、国中に仏教の修行者を探し求めさせました。

すると、播磨国に還俗(げんぞく)した僧がいることがわかりました。名は、高句麗のエベン(恵便)といいました。ウマコ大臣はエベンを仏教の師として、司馬タチトの娘シマ(島)※4に髪をおろさせ仏門に入らせました。その尼をゼンシンニ(善信尼)といいます。当時、わずか十一歳でした。
また、ゼンシンニのおつきの者である二人の娘も出家させました。一人は漢人(あやひと)ヤボ(夜菩)※5の娘トヨメ(豊女)でゼンゾウニ(禅蔵尼)と名のりました。
もう一人は錦織(にしこりの)ツフ(壺)※6の娘イシメ(石女)※7で、エゼンニ(恵善尼)と名のりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません