恋人を本当に大切にしたいとき、この本を開こう。

この連載では、文芸オタクの三宅香帆さんがシチュエーションに合った本を独断と偏見をもって「処方」していきます。第13回は、橋本治さんの『恋愛論』を紹介します。初めてデートをしたときのこと、覚えていますか? 他人と真剣に向き合う時、この本がきっとあなたの力になります。著書『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』から特別収録。(提供元:幻冬舎)

13. 初めてのデートに備えて読みたい本

恋愛論 完全版
橋本治( 文庫ぎんが堂、二〇一四年)

効く一言
人間であることを切り離されちゃった天使は人間に憧れるし、不自由である人間は、人間であることを超えてる天使に憧れるの。男と女の基本的関係はこれなの。だから、うまく行かないの。お互いがお互いのこと知らないんだから。

ううーん。もし自分に娘や息子がいて、デート前日にそわそわしていたら、何の本をすすめるべきであろーか。

そんな妄想を繰り広げてみれば、やっぱり思いつくのはあの本しかないんじゃないですかね。

「ねーおかーさん、ちょっと気になる子に誘われちゃったんだけどさ、行くべきかなあ?  ってもう行くって返事しちゃったんだけど、でもなんか行きたくなくなっちゃったんだよねぇ……めんどくさくなっちゃった……」とかぶつくさ述べ始めたときに(以下、三宅家劇場台詞)。

「ま、暇なら行っとけば? のちのちの飲み会のネタになるかもよ」「私はお母さんみたいに恋愛の話を飲み会のネタになんかしないもん」「ああもうめんどくさいことを言う子ね、そんなあなたはこれを読んどきなさい!」と手渡す本を考えたわけですよ。

で、やっぱりそこは、亡き大作家・橋本治さんの『恋愛論』が適切ではないでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生のあらゆる場面で、あなたにぴったりの一冊、処方いたします。

この連載について

初回を読む
副作用あります!? 人生おたすけ処方本

三宅香帆

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m3_myk 『副作用あります!?人生おたすけ処方本』の試し読み連載、更新されてます。 第13回は、橋本治さんの『恋愛論』について書いてます。あなたははじめてデートをしたときのこと、覚えていますか?https://t.co/YFps9ouJZ6 4ヶ月前 replyretweetfavorite