地域によって定番が異なる「ソース」、おすすめを1本選ぶならこれ

揚げ物にかける、あのソース。地域によって定番商品が異なることでも有名です。それでもおすすめの1本を選ぶなら、オールマイティーに力を発揮するつかえるあの商品。ソースの美味しい使い方、そして意外と相性がいい料理なども紹介します。

いつものソース、なにを使っていますか?

ソースは日本独自の調味料。ウスターソースの起源はイギリスのウースターシャー生まれとされますが、イギリスのそれとはまったくの別物で、まろやかなうま味が特徴です。もともと西洋しょう油として売り出された経緯もあって、じゃぶじゃぶかけても大丈夫なように進化したのでしょう。

ウスターソースは普段「決まった商品しか買わない」という人が多いと思います。それもそのはず。ソースは地域性のある調味料で、関東以北であればブルドック、中部はカゴメ(愛知はコーミ)、大阪はイカリ、広島はオタフク……という具合に嗜好がはっきり分かれます。

ソースの味は東西に差があり、一般的に西に行くほど甘みが強く、東ほどスパイシーです(皿うどんのためにウスターソース文化が発展した長崎のような例外もあります)。

スーパーに売っているソースは3種類に分類できる

スーパーのソース売り場には様々な種類が売られていますが、ここは一つ、分類を復習しておきましょう。JAS法の分類ではウスターソース類は3つに分かれています。

基本となるウスターソースは野菜、果物、スパイスを煮込み、糖類、食塩、酢などで味を整えたもの。濃度はほとんどなく、大阪の串カツにつけるソースと言えば想像がつくでしょうか。関東では常備している家庭は少ないですが、中部や近畿ではウスターソースの方がシェアが高く、次に紹介する中濃ソースはむしろマイナーです。

中濃ソースは関東以北で定番のソース。東京ではフライ料理や焼きそば、たこ焼きもこれ一本で済ませるという人も多いでしょう。ウスターソースとの違いは濃度。中濃ソースはウスターソースに野菜や果物の繊維質、デンプンなどで濃度をつけたもので、味も辛みが弱く、マイルドという特徴があります。

最後は濃厚ソース。濃厚ソースという名前に馴染みがなくても、とんかつソースやお好み焼き専用ソースは見かけたことがあるでしょう。最も濃度が強いソースで、製品によってもちろん味は違いますが、全体的には甘みが強い印象です。

おすすめを1本選ぶならこのソース

さて「何をオススメするべきか」というのは難しいところ。僕がおすすめするソースはこちらです。

鳥居食品「中濃ソース」

鳥居食品は浜松のソースの老舗。無添加志向で身体に優しい味わいが特徴です。先程ソースの味は東と西で違うという話をしましたが、浜松はちょうど中間。お好み焼きから揚げ物までオールマイティーに使えます。ちなみに毎日は使わないという人には5mlが入ったミニパックもあります。

おすすめの使い方は出来合いの揚げ物にかけること。ふつうのコロッケもおいしいソースがあれば途端においしくなります。最近のとんかつ店ではソースではなく塩を薦めるケースが増えました。素材がよければソースの味は必要ないのかもしれませんが、普段のご飯にはソースが活躍するのです。

可能であればもう1本、ウスターソースも常備してください。

鳥居食品「ウスターソース」

関東の人には馴染みがないですが、野菜のうま味とスパイスが入ったウスターソースはカレーなどの隠し味に使える調味料です。例えばデミグラスソースで仕上げるハッシュドビーフもウスターソースがあればかんたん(参考:ハッシュドビーフの作り方)。

天ぷらにかけてもおいしいウスターソース

他にウスターソースは天ぷらにかけても好相性。そもそもウスターソースは主成分の3割が酢なので、揚げ物と相性がいいのです。特に鳥居食品のウスターソースは昆布と鰹節のうま味をベースにした和風の仕立てなので、こういった使い方が向いているはずです。


今回オススメしたアイテム

鳥居食品「中濃ソース」

楽天で詳細を見る


この連載の書籍化を希望する出版社を募集しています。
(お問い合わせは info@note.jp まで)

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naoya_foodlab ウスターソースをうまいこと使うと料理の幅が広がるはず。 1日前 replyretweetfavorite