寒さも本番、今食べるべき「とろり長ねぎとハムのグラタン」

2022年最初の「ポルトガル食堂」は、長ねぎを使ったグラタンのレシピを紹介します。実は今が旬の長ねぎ、甘みをふんだんに引き出すレシピをぜひお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

2022年も、架空の酒場「ポルトガル食堂」は月2回で営業いたします。旬の素材でお酒がすすむ料理をお出ししていきますので、どうぞご贔屓に。店名どおり、お酒はほぼポルトガルワインをご紹介して参ります。ふらっとお立ち寄りください。

さて。寒さも本格的な今、食べるべきは長ねぎ。年中見るけれど、今出廻っているものこそ、旬を迎えて甘さや柔らかさが格別です。長ねぎは、鍋や薬味など和でやや脇のイメージが強いけれど、たとえば水とバターで静かに煮るだけで、とろりと柔らかく上品な甘さとうまみが引き出され、見事に主役になります。小鍋一つで長ねぎを煮て、その出汁でホワイトソースを作りグラタンにすれば、酒を呼びつつご飯にも合うメインの1皿に。ホワイトソース、小鍋で少量作ってみると案外簡単で驚きますよ。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「とろり長ねぎとハムのグラタン」

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyu_22 今夜はコレ。くたくたになるまで煮た長ネギのグラタン、最高だった。家族からも大好評だった。 先に具材を煮て、煮汁をホワイトソースにする馬田さんのレシピ大好き。@saoribada | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

syasya_ これ見て美味しそうだなと思ったので似たものを作ることにした。 葱を煮るのは #ホットクック にお任せ。無水で茹でる15分。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

BEjjRFPzKj7CuOi これ、リーキで作ったら最高よね! 4ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada cakes 連載「ポルトガル食堂」更新しました。 「とろり長ねぎとハムのグラタン」 https://t.co/P49PhFpSam 冬の裏番長、長ねぎ。鍋とか薬味とか炒めものとは違った洋な楽しみ方。太めのジューシーな長ねぎを買… https://t.co/vbMWGTrZez 4ヶ月前 replyretweetfavorite