満州での生活、忍び寄る戦争の足音

戦中の満州にいらっしゃった春子さんから聞いた話、第二回です。徐々に戦局が悪化していき、春子さんたちの生活も変化していきました。


近況報告 〜成田からの手紙〜

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aida_senko サイン会行きたかった🥺 約8時間前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 春子さんの責任感のようなお気持ちを想像します。ご自分が経験し知っている戦争の惨状を後世に伝えておかなければと。 約14時間前 replyretweetfavorite

granat_san 髪が燃えやすいから結ぶという視点がなかった。でもそうだよね。 1日前 replyretweetfavorite

kfthinwor33 春子さんの記憶に焼き付いているものそれは人の傲慢さ愚かさそれとも弱さ?でも人の何かなのだろう。 1日前 replyretweetfavorite