ムンク「こんな絵は狂人にしか描けない」

歴史に名を残す人物たちも、実は「愚痴」をこぼしながら生きていた! 渋沢栄一から夏目漱石、豊臣秀吉にナイチンゲールまで、人生の苦境で言わずにおれなかった愚痴150篇。女性への未練、お金の無心や仕事の焦り、家族への恨みなど現代人と変わらない不平不満です。読めばなぜか勇気がわいてくる、愚痴ノンフィクション! 10月21日発売の新著『人間愚痴大全』より特別公開します。(提供元:小学館集英社プロダクション)

30代、病気にまつわる愚痴

ムンク(画家)

1863年-1944年。ノルウェーの画家、版画家。『叫び』に代表される独特の絵は、世界中の多くの人に愛されている。ナチスドイツは彼の作品を退廃芸術として没収。晩年、そのドイツがノルウェーを占領していた時期に没している。

病気と死に囲まれた画家の叫び

絵画にはあまり興味がない、という人であっても、「ムンクの『叫び』」といえば、おおよそのイメージがわくのではないだろうか。夕暮れの暗い背景を持つ橋の上で、骸骨のような風貌の人が体をくねらせながら耳をふさぎ、口を大きく開けている。独特の雰囲気のある絵画である。

同じモチーフの作品は、いくつかあるのだが、実はそのうちの一つの絵の左上部分に、鉛筆で薄く

こんな絵は狂人にしか描けない

と書きこまれている。これはいったい誰が書きこんだのか、長い間不明であったのだが、2021年、ノルウェーの国立美術館の学芸員らによって、「ムンク自身が書きこんだものだ」という調査結果が発表された。

実は、同作品が一般公開された時、見た人から批判、並びに作者の精神状態を疑問視する声がたくさん上がったという。その声を受けて、ムンクが自分自身で書き込みをしたのではないか、という説が有力視されているのだ。

「この画家は精神状態がおかしいのではないか?」

という声を肯定した愚痴なのだ。

確かにムンクの絵、特に代表作とされるこの『叫び』を見ていると、こちらまでが不安な気持ちにさせられる。

なぜ、ムンクはこのような絵を描いたのだろうか。

ムンクの父は医者で、病院を訪れるのは下層階級の人ばかりだった。患者は、それぞれが病を抱え、死の不安におびえていた。患者だけではない。彼は5歳の時に実の母を結核で失くしている。14歳の時には一つ年上の姉が同じく結核で亡くなっていた。そして、ムンク自身も病弱で、妹の一人はうつ病に苦しんでいた。のちにムンクは

私のゆりかごを守っていたのは、病気と狂気と死という黒い天使たちだった

と語っている。幼い頃から病気と狂気と死に囲まれて生きてきたのだ。

そして、彼は『叫び』についてのイメージをこう日記に書き残している。

「友人と二人で道を歩いていた。太陽が沈みかけており、空は血のように赤く染まっていた。私は立ち止まって手すりにもたれた。疲れ果てていた。雲が血や剣のように燃えていた。眼下には青黒いフィヨルドと町。友人は行ってしまったが、私は立ち尽くしていた。そして、大きく果てしない自然の叫びを感じた

『叫び』とは、絵の人物が叫んでいるのではなく、自然の叫びであり、彼はそれを聞くまいと耳をふさいでいるのだ。病も、死も、成長も、不安も、「自然」の一部である。この絵を見ると、我々も彼の不安を共有できる気がする。

ちなみに、この風景は妹の入院していた精神科病院からの眺めであるという。

毛利元就「いろいろんな人たちから憎まれることになる」菅原道真「私は、水中のゴミくずとなり果てた」、も1月12日まで無料公開中です。

*本連載は、福田智弘・著『人間愚痴大全』(小学館集英社プロダクションより10月21日発売)をcakes用に再編集したものです。

なぜか、勇気が出てくる。不平不満の150篇。

人間愚痴大全

福田 智弘
小学館集英社プロダクション
2021-10-21

この連載について

初回を読む
なぜか勇気が出てくる 人間愚痴大全

福田智弘

「今日も飯はうまくない」「アルコールでごまかすより外なかった」 天才と呼ばれる作家に芸術家、世界を変えた政治家に勇猛な武将まで、歴史に名を残す人物たちも、実は「愚痴」をこぼしながら生きていた! 渋沢栄一から夏目漱石、豊臣秀吉に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません