家で仕事をするすべての人に伝えたい2つのメソッド

新型コロナウィルスが流行して以降、在宅ワークする人が格段に増えました。そんな人達を悩ませているのが、オンとオフの境目。ストレスを溜め込む前に、MBさんが勧める働き方を試してみてください。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。


ペンネーム:しんイチロー

はじめまして、しんイチローと申します。『最速でおしゃれに見せる方法』でMBさんを知って以来MB信者になっております。 仕事を家に持ち帰ることについてMBさんの見解とアドバイスをお聞きかせください。

現在機械メーカーの資材担当をしております。部署移動で設計部になりました。設計に関しては素人に近いです。少しでも設計のことを覚えようと考えてます。仕事関係の書籍を見たりYouTubeで調べ物を自宅でしております。

ただ、仕事のことが帰宅しても休日でも頭から離れなくてなんか休んだ気がしません。
ずっと気が張っている感覚が抜けなくて。

これらの状況を聞いたうえで、MBさんの見解とアドバイスをお聞きしたいです。
これからも応援させていただきます。

ありがとうございます。お仕事をお家に持ち帰ることについてですね。

家で仕事をするのは悪いことではありません

労働者の権利は法律によって守られているわけですから、会社から「自宅でも会社でも四六時中仕事をしていなさい」と言われたら、それはオカシイ。でも自分から「もっと技術を磨きたい! もっと勉強したい!」と思うのはもちろん自由です。「強制的にやらせるのは違法だけど、自主的にやるのは合法」、このへんを上手に解釈して労働者から「やりがい搾取」している企業ももちろんあるでしょうけれども、自主的に追求することは個人の自由であるわけです。

僕もサラリーマンの時は同じように「自主的に」家に仕事を持ち帰ることが多かったですし、辛かったけどそれで未来を作れるなら、と一生懸命努力をしていました。そうした時間を重ねてきたからこそ今があるとも思っています。

なので、「自宅に持ち帰るべきか、持ち帰らないべきか」と問われると、「個人の自由」「考え方次第」としか答えられません。質問者さんの「部署移動したばかりなのでもっと勉強したい!」という考えは立派ですし、誰も止めるべきではないとは思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません