​初対面の人との会話が盛り上がる方法

バーテンダーに必須なのが「会話術」。初対面のお客様が相手でも、なんとか盛り上げなくてはいけません。今回は林伸次さんが、26年間のバーテンダー歴で培ってきた秘伝の会話術を披露いたします。

「面白い話をして」と言われてもどう答えれば

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕のnoteに、多分同業の方だと思うんですが、「お客様から何か面白い話をしてと言われたのですが、どう対応すればいいのでしょうか?」という質問が届きました。

バーに行かない方はどういう状況なのかよくわからないですよね。僕、修業時代もいれたら26年間もバーテンダーの仕事をしているのですが、この、お客様から「面白い話をして」は、しょっちゅう言われるんですね。

一番最初に言われた時のことは今でも覚えています。バーテンダー修行を始めた頃で、「なんか面白い話して」という言葉を聞いたとき、「ああ、そうか。真夜中にこういうバーで、バーテンダーに何か面白い話を聞かせてっていう人たちがいるんだ」と思って、びっくりしました。そしたら僕の師匠が、「おまえ、面白い話くらい用意しておけ」って助言してくれたので、意識的に「面白い話」はストックするようになりました。

例えば、「僕の友達でコンビニでバイトしている奴がいるんですけど、コンビニ店員って自動ドアが開いたら、反射的に『いらっしゃいませ』って言うようになるらしいんですね。そいつとこの間、山手線に乗っていて、電車が渋谷についてドアが開いたら、そいつ思わず『いらっしゃいませ』って言ってしまったんです」って感じの軽く笑える話を、色々と用意しておきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林さんの小説が文庫化されました

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maihama_ddr 初対面の人との会話が盛り上がる方法|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ahash 初対面の人との会話が盛り上がる方法|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa お店をやってる人には「今まで一番困ったことは?」、フリーランスの人には「今まで一番悔しかったことは?」を聞くと盛り上がります。 初対面の人との会話が盛り上がる方法|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite