世界史&宗教のツボ#11】[仏教]苦を脱する修行を説く

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。(提供元:東洋経済新報社)

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2019年12月2日発売当時のものです。

仏教の創始者ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)は、紀元前5世紀ごろインドで生まれた。29歳のときに出家し苦行を重ねるが悟りを開けず、瞑想を行うようになり35歳ごろにようやく悟りを開いたとされる。

 ブッダの思想で重要な背景となっているのは、インド特有の「輪廻(りんね)」の思想である。すべての生き物は死んだ後、別の生き物に生まれ変わり、それをいつまでも繰り返す。前世でどう生きたかに応じて次の生の善しあしが決まるというもので、そこから逃れることはできない。

 これに対しブッダが説いたのは、欲望を捨て去り、悟りを開けば、輪廻の束縛から解き放たれ「解脱」でき、そうすれば心が迷うことなく安らぎの境地に至れるというもので、多くの人に広がった。

ブッダの教えと悟り
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません