​すべての人が「さん付け」「敬語」で話す世界

この先日本語は、すべての人が「さん付け」「敬語」になるかもしれない、という今回のコラム。林伸次さんはなぜそう思ったのでしょうか? そしてその時世界はどうなるのでしょうか?

増える「あだ名禁止」の学校

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、小中高とほとんどあだ名で呼ばれたことがなかったんですね。林なので、「はやちゃん」と「はやっさん」と一部で呼ばれたことはあるのですが、「なんでそのあだ名?」みたいな、すごく変わった呼び名ってありますよね、そういうの、一回も付けられたことがないんです。

決して友達がいないタイプではなかったのですが、もしかしてみんな、僕に少し距離を感じていたのかなあとか、もしかして僕がちょっと変わっていたのかなあとか。今となっては確かめようもないですが、あだ名が話題になるたび、少し考え込んでしまいます。

今、「あだ名禁止」の学校が増えているそうですね。あだ名ってどうしても、身体的な特徴から思いついた名前にしがちです。背が高かったり低かったり、太っていたり痩せていたり、色が黒かったり白かったり。そういう他の人と少し違う特徴を拾って名付けるから、どうしても「いじめ」に繋がりやすいようで、あだ名が禁止になるのだそうです。周りの人たちはいじってるつもりでも、言われた本人はすごく嫌ってことはよくありますから、それも仕方ないなって思います。

あと、学校で呼び合う時は「さん付け」だという話も聞きます。例えば言い合いになっても、「でも林さんはさあ」って「さん付け」だと、相手を尊重した気持ちがあるから、ひどい喧嘩にはならないのだそうです。確かに、相手を罵倒する時に「さん付け」だと、気持ちが入らないかもしれませんね。いじめや喧嘩を避けたい学校側としては、「じゃあみんな、さん付けで」なのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林さんの小説が文庫化されました。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

asagooods 「これやっといて」がパワハラになる世界は訪れないと思うから根本的に理解してない気がする。あだ名付かない人は真面目でそつなく物事こなす人だね思うに。 すべての人が「さん付け」「敬語」で話す世界 https://t.co/xOUcqtF0AD #スマートニュース 17日前 replyretweetfavorite

nakanowa9 すべての人が「さん付け」「敬語」で話す世界 #SmartNews https://t.co/VgnGuETrP8 19日前 replyretweetfavorite

taicho_winger すべての人が「さん付け」「敬語」で話す世界 https://t.co/a4SzZXwMgT 20日前 replyretweetfavorite

Oolong0123 すべての人が「さん付け」「敬語」で話す世界 https://t.co/5XNrjgDIZj #スマートニュース 21日前 replyretweetfavorite