後悔するレベルの映画を観た後にそれを打ち消す究極の1冊とは?

この連載では、文芸オタクの三宅香帆さんがシチュエーションに合った本を独断と偏見をもって「処方」していきます。第10回は、超傑作SF『華氏451度』を紹介します。観たことを後悔するくらいハマらなかった映画ってありませんか?時間を返してほしい、なんなら確実に面白いもので打ち消したい…。そんな時に開いてほしい1冊です。著書『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』から特別収録。(提供元:幻冬舎)

10. 面白くない映画を観たあとに読みたい本

華氏451度〔新訳版〕
レイ・ブラッドベリ ( 伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫SF、二〇一四年)

効く一言
知識は力と同等以上のものだ!

面白くない本や映画に殺意を覚えて幾数年、ほんと面白くないものって罪だと思いませんか!?

いや~~~~むりっ。もう、ほんと、ばかやろう時間を返せ、と盛大に怒る。

私はあんまり人に怒らないんですが、面白くない作品には怒りますね……。とくに映画館で観た映画がつまらなかったときの「おいおい」感ね!?  なんか席を立つ気にもならないがこの映画はこのまま終わるのかっいやそんなことはないよなあれなんか終わりそう、このまま終わるんか~~~~い! 

あかんやろあれ。犯罪やわ。

そして映画館から出て帰るときの、もやもや心がふさぐ感覚ったら。こ、この面白くなさを誰かに語りたい……。でも誰もいない……。もやもやもや……。

しかし私たちは面白くない映画を観たあとも、その映画のある世界で生きなくてはなりません。大げさではなく。

そんなときに、特効薬になるのが『華氏451度』という小説なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生のあらゆる場面で、あなたにぴったりの一冊、処方いたします。

この連載について

初回を読む
副作用あります!? 人生おたすけ処方本

三宅香帆

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar なるほど、、、なるほどなーーー!!! また待機本が増えた 21日前 replyretweetfavorite

photorequesta 昔は面白くない作品に出会うと腹が立ったけど、最近は良さがわからないことが悔しいと感じるように変わったな。 https://t.co/noISIWR5bA 21日前 replyretweetfavorite

m3_myk 『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』の試し読みが一週間無料で読める連載が更新されました!『華氏451度』、ブラッドベリ入門としておすすめですー!ぜひ! https://t.co/544S19c2vq 22日前 replyretweetfavorite