実は頼れるあの調味料!「マッシュルームと豚肉の粒マスタード蒸し焼き」

今回の馬田草織さんのレシピは、「マッシュルームと豚肉の粒マスタード蒸し焼き」です。肉とマッシュルームのうま味で食べごたえ抜群。そして、酸味の効いた粒マスタードが味のアクセントになっています。お酒はもちろん、ご飯のおかずにもぴったりなこの料理、ぜひお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

適当に作ってもいい感じに酒を呼び、そのまま夕ご飯に出したらおかずにもなる。そんな都合のいい料理はないものか。週末の買い出しで肉や魚や野菜の売り場をうろうろしながら、たいていはそんなことを考えています。で、今回はマッシュルームと豚肉の組み合わせ。ひと口サイズに切った両者を小さなフライパンにぎゅっと並べ、じっくり焼きつつ出てくる水分で蒸すイメージ。味のアクセントは粒マスタード。酸味や香りが酒を呼ぶフックになります。肉とマッシュルームのうま味で食べごたえもあって、たくさん作ればご飯のおかずにもなります。

ちなみに、マスタードって茹でたソーセージの脇に添えるだけじゃなく、いろんな使い方ができる頼れる調味料です。加熱すると酸味が和らぎ、ベースがビネガーだからうま味の宝庫。「カフェステーキ」「マスタード肉じゃが」なども、マスタードをきかせた料理ですので参考にどうぞ。もっとも手軽なマスタードの1分つまみは、ハムのマスタード巻き。冷蔵庫からハムを1枚取り出し、マスタードをたっぷり塗って、あれば大葉を挟んでくるくる巻くだけですが、粒マスタードが相当いい仕事をしてくれて、酒を呼びます。ね、マスタードっていいやつでしょ。

合わせる10月のワインは、香り爽やかで味わい豊かな白。ポルトガル最北、ミーニョ地方が誇る土着品種・アルバリーニョ100%のワインです。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「マッシュルームと豚肉の粒マスタード蒸し焼き」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

krmt_touken 粒マスタード好きなのでこのレシピいい感じ ほんの少しお醤油足しても美味しいかも 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada cakes 連載「ポルトガル食堂」更新しました。 「マッシュルームと豚肉の粒マスタード蒸し焼き」 https://t.co/Tvf9Zf17Kl ちびちび飲み、ちまちまつまむ時間をこのひと皿で。ひと口サイズの豚肉とマッシュルーム… https://t.co/Yakf8J3OQN 約1ヶ月前 replyretweetfavorite