検証!NHKの正体 #5】ネット同時配信の行方

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。(提供元:東洋経済新報社)

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2019年11月18日発売当時のものです。

受信料収入の拡大に向けた布石
ネット同時配信の行方

NHKにとってはちゃぶ台返しを食らった気分だろう。高市早苗総務相は2019年11月8日、NHKが提出したテレビ番組をインターネットで常時同時配信するための実施基準案の再検討を求めた。実施基準を総務省が認可しなければ、NHKは同時配信を始めることができない。

受信料収入の拡大をもくろむNHKにとって、ネット常時同時配信は悲願だ。NHKの視聴者は圧倒的に高齢者が多い。例えば、看板番組である「NHKニュース7」の視聴者層は60~70代が中心。近年は若年層を中心にテレビを持たない人も増えており、このままでは収入が先細りしかねない。スマートフォンやパソコンなどでも視聴できるようにすることで、テレビを見ない世代に放送を届け、将来的な受信料の支払い対象者を増やす狙いがある。

2000年開始のニュースサイト「NHKオンライン」を皮切りに、過去に放送した番組を有料で配信する「NHKオンデマンド」や五輪競技のネット中継など、NHKはすでにネット分野に進出している。ところが同時配信については、災害時などを除いて実現できていない。放送法で認められていなかったからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar おもしろかったけどメッチャ長い 24日前 replyretweetfavorite