家事をやめる

収納命だった私が収納ゼロのワンルームに引っ越して手に入れたもの

掃除して洗濯して料理して皿洗って……生活に面倒な家事は付き物。のはずが、「ノー家事」生活を謳歌する人がいます。連載「買わない生活」が話題の稲垣えみ子さんです。あるきっかけから人生で初めて、面倒な家事を一切しなくとも清潔で快適、この上なく気持ちの良い暮らしを手に入れ、今や毎日が楽しくて仕方ないとか。圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストで幸福度が確実にアップする「ノー家事」生活の全貌とは。(提供元:マガジンハウス)

冬を前に友人にもらったハギレを並縫いで繋げてストール作ってみた

さて今回から、ようやく「家事をやめる」ための具体的なノウハウを書かせていただこうと思う。  
ちなみに何度も繰り返して恐縮だが、ここでいう「家事をやめる」とは、自分以外の家族の誰かに家事を一任したり、家事代行サービスの方にお金を払ってお任せ……ということではない。

自分の世話は自分でする。それが基本だ。

男も、女も、子供も、服を着るように、ご飯を食べるように、息をするように、身の回りを整える。そのうち、歯磨きをしないと気持ち悪いように、サボると気持ち悪くなる。そうなれば何が家事で何がそうじゃないかなんていう境目もなくなる。誰かに押し付けたり押し付けられたりすることもない……というのが当欄の目指すところである。

もしそうなれば、ただ人生がラクになるだけじゃない。  
人が生きていく上で何が一番辛いかって、それは「無力」になることじゃないだろうか。自分には手も足も出ない。何一つできない。そんなふうに感じながら生きていきたい人なんてどこにいるだろう。

でも、どんなひどいことになっても、自分にもできることがあるとしたら。美味しいものを食べ、片付いた部屋で暮らし、気に入った清潔なものを身につけて暮らすことが自分の力でいつでもどこでもちゃんとできたなら。それは人生のコアマッスルである。軸がしっかりしていれば体も心も自由。さあその確かな希望を一つ一つ手にいれていこうではありませんか! 大丈夫。簡単ですから! 誰でもできますから!

モノの整理をしなけりゃ始まらない

と大きく出たところで、いよいよ最初のレッスンであります。  
……と書いたものの、私、人様に家事のレッスンをできるほど家事が得意でもなんでもないじゃん……ということに今更ながら気づき、手が震える。

だがここまで来たら、もう後へは引けない。  
そうだよ肝心なことは、家事が不得意な私でも、今や驚くほど短時間に、何の苦労もなく、楽しく家事をやり切ることができているという事実ではないだろうか?

というわけで、一体なぜこんな私にそんなことができたのか。それを一つ一つ、書いていこうと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
家事をやめる

稲垣えみ子

我が人生から、家事が、消えた。50年近くずっと格闘してきた家事が、気づけば、消えていた。 それなのに、家の中は整っていて、気分は晴れやか。しかも圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストという夢のような事態。そんなノー家事生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

7SOdMKBZHFrK1se 今回の引越しのテーマはこれにする 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

nasu_ga_mam 稲垣えみ子さんの家めっちゃ理想だな。家にモノがないと言いつつ、いわゆるミニマリストのそれとは違う味わいがある。 https://t.co/rK8wkJomnt https://t.co/EDkI5u87JI 約1ヶ月前 replyretweetfavorite