検証!NHKの正体 #2】あの手この手 押し寄せる受信料徴収

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。(提供元:東洋経済新報社)

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2019年11月18日発売当時のものです。

テレビを設置している限り、もはやNHKの受信契約から逃れられない。2017年12月、最高裁判所はテレビがあればNHKと受信契約を結ぶ義務があるとした放送法の規定について、「憲法に違反しない」という判断を示した。判決を受け、一般家庭や事業所から契約の申し出が殺到。17年度の支払率は初めて80%を超えた。その後も上昇が続く。

受信料を支払わない場合、NHKは強硬手段に打って出る。

ビジネスホテルチェーンの東横インは17年3月、東京地方裁判所から未払いの受信料19億3000万円を支払うよう命じられた。東横インは運営する235のホテル全室に設置されているテレビ約3万4000台分について、14年2月から全室分の受信料を支払っている。だがNHKはそれ以前の2年間の未払い分を要求し提訴。これが大筋で認められた。東横インは最高裁まで争ったが、19年4月に訴えが退けられた。

受信料収入の拡大へ向けNHKはあの手この手で徴収を強化している。その現場をのぞいてみよう。

1日1件で御の字

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません