前線で戦う兵隊は、なぜ戦争をしているかを知らない

兵隊として前線で戦っていた祖父は、泣いている敵兵を何人も見たと言います。彼らはなぜ涙を流していたのでしょうか。
※最後に大事なお知らせがあります!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugartree15 これが事実なら割と洒落にならない深刻な事態では<いま戦ってる目的が(たとえ建前上でも)わからない しかも傭兵ではなく国民軍の徴募兵でとなると |日暮えむ @Higurashi_Emu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ef2818 これ、ちょっと誤読による批判をされているな。正確には「戦争をしている本当の理由を知らない」という意味だからね。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tsrmjp 誰かの溜飲を下げるために戦争が勃発したら、同じようによくわかんないまま戦わされるんだろうなぁ……。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

NigerTigris 祝:書籍化決定! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite