生きるって、思い出づくりだよ」

これまで、マラソンを走るときに「何か形に残るものを得たい」と後悔しないように気を張っていたという蘭ちゃん。子どもの頃から考えてきた「生きるって何?」という疑問と重ね合わせると、ひとつの答えが見つかったそうです。その変化を生みだしたのは、サクちゃんのある言葉でした。(毎週火曜日更新)

サクちゃんへ

こんにちは。
京都ではきのう雨が降り、今朝はぐっと冷え込んでいます。

この間の日曜に納車が終わり、それ以来初めての週末を迎えました。昨日は家族とともにドライブをして、大原三千院まで行ってきたのですが、緑が深くて気持ちよかったです。

京都に住んでもう15年ほど経ちますが、まだまだ行ったことのないところが多いです。車だといろんなところへ気軽に行けるのだなと改めて実感し、ふつふつとその自由さに感動を覚えました。帰りに寄ったショッピングモールの屋上駐車場で「私は自由を手に入れた」とつい呟いてしまったほどです。子供はびっくりしていましたが。

これから、いろんなところへ行ってみようと思います。

ー・-・-

“おそらくだけど、わたしも蘭ちゃんも、共通して「自我が強い」のだと思うのよね”

とサクちゃんは前回の日記で書いていましたが、いや、ほんとですよね。私たちは自我が強い。「自我」という大きな芽みたいなものを、心に持っているんだと思います。
その芽は踏まれたり摘まれたりしながらも、しつこく私たちの心に根を張り続けて、こうして文章を書かせているのでしょう。

私たちが「考えすぎ」だと言われるのも、自我が強い証拠なのかもしないですね。
外のものに芽が触れて「痛い」とか「こそばゆい」とか反応する。「どうしてこっち側に伸びると痛いのかな」「どうして窮屈なのかな」と疑問に思う。それで自分の芽の伸び方と、外のものとの距離を推し量ったり調整したりする。

私もよく「生きるって何?」「幸せって何?」と聞く子供でしたが、「考えすぎだ」とやっぱり言われました。でもこの芽がこの世界でどのように存在すべきなのか、今でもよくわからないのです。「わからない」というのは、この芽自体を持つことに少し苦しさやしんどさがあるからだと思います。

いまだに「生きるって何?」なのか、私にはわかりません。もちろん「幸せ」も。
考えても仕方ないことだと言われつつも、やっぱり私は考えてしまう。もしかしたらそれが私の「生きる」ことなのかもしれないし、答えらしきものを都度見つけていくことが「幸せ」なのかもしれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

massdacounter 書籍化されたら買いたい!私も人生は思い出づくりだと思う。 |土門蘭 @yorusube /桜林直子 @sac_ring |サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記 https://t.co/nHHhog71np 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

darling00000000 考えても仕方ないことだと言われつつも、やっぱり私は考えてしまう。もしかしたらそれが私の「生… https://t.co/1p6nsrcMvu 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

sac_ring 蘭ちゃんに「生きるってなんだろう?」と聞かれて「考えてもわからないから、思い出をつくってると思うことにしてる」と答えた。自分の思い出と、誰かの思い出に残ることも含めて。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite