パンダ動画とペット動画と私

上野動物園で生まれた双子パンダの名前が発表されました。テレビのニュースやワイドショーはその話題でもちきりです。そもそも、ペット動画を始めとする動物の映像が大好きな日本のテレビ。そんなテレビから流れる動物映像について武田砂鉄さんが考えます。

自分が必要としている以上に

夜、チャンネルをまわしながらテレビをボーッと観ていると、自分が必要としている以上のホームラン映像が繰り返し目に入る。終盤で試合を振り出しに戻す劇的な一打を繰り返し観る。観ている自分が悪い。だって、他の選択肢はいくらでもあるのだから。なんだかんだで、ホームランが持つ多幸感をそれなりに味わっているのだろうか。

朝、チャンネルをまわしながらテレビをボーッと観ていると、自分が必要としている以上のペット映像が繰り返し目に入る。冷蔵庫を開けようとすると必ずついてくる猫や、この場所でジャンプすると絶対に失敗してしまう犬などの映像を観る。ペットを飼っている人、動物が好きな人には信じられないかもしれないが、その手の映像を見てもほとんど心が動かない。自分の心の動かなさに自分で驚いてしまう。

それはカピバラにしかわからない

そういうことを近しい人に言うと、「この人はなんて薄情な人なのだろう」という目を向けられる。「いや、自分は、動物よりも人間が好きなんだよね」と伝えると、「そういうことじゃないんだけど」と冷たい目がさらに冷たくなっていく。どういうことなんだろう。でも、「そこまで好きになれないものを無理やり好きになるのは、好きな人に申し訳ない」という素直な思いがあるので、無理はしない。朝からいくつかの番組で繰り返される視聴者投稿のペット映像を観ると、「みんなが好きなものを好きになれない、こちらがおかしいのだろうか」と悩む気持ちが、ほんの少しだけ残り続ける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんの最新刊、ぜひお読みください。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makarena3 小池都知事、 6日前 replyretweetfavorite

ta1 テレビから遠ざかった理由これかもなと思った。 "「みんなが好きなものを好きになれない、こちらがおかしいのだろうか」と悩む気持ちが、ほんの少しだけ残り続ける" https://t.co/N6rs6MaDbO 6日前 replyretweetfavorite

sabochin わたしはペット動画比較的好きだけど、そういう人もいるやろなって内容だった。 6日前 replyretweetfavorite

nktu_pdu パンダ?と思ったけど、とても面白かった。 6日前 replyretweetfavorite