人間工学に基づいた疲れづらいデザインの泡立て器

料理を楽においしくしてくれる調理道具のひとつ「泡立て器」。みなさんはどのように選ばれているでしょうか? 料理家の樋口直哉さんがいつも人にオススメしているという泡立て器をご紹介します。

「(卵を)溶く」や「泡立てる」あるいは「酢に油を少しずつ加えながらかき混ぜる」というのはレシピによく出てくる工程。ここで便利な道具が泡立て器です。

泡立て器は「キッチンに必須の道具ではない」と思われるかもしれませんが、持っていた方がいい調理道具。

オムレツを作るとき、しっかりと混ざっていないと白身と黄身の部分で分かれてしまい、なめらかに仕上がりません。いつも箸でかき混ぜている方も、泡立て器で混ぜるとずっと早く、きれいに混ざるのがわかるはずです。

泡立て器がないと困るのはドレッシング作りです。ドレッシングの肝は「乳化」ですが、酢と油を箸で混ぜてもなかなか混ざりません。計量するのに使ったスプーンで混ぜると多少は乳化しますが、すぐに分離してしまいます。一方、泡立て器でつくれば楽に安定した乳化状態が得られ、おいしい状態になります。道具によって料理の仕上がりが変わってくるのです。


泡立て器を選ぶ際の3つのポイント

泡立て器はたいてい金属製ですが、それには理由があります。木製の泡立て器は表面のザラザラに材料が絡みつき、上手く混ざりませんし、プラスチックやシリコン製はワイヤーがやわらかすぎて、やはり効率が落ちるのです。

金属製とはいっても泡立て器は種類や価格帯も広く、いざ買おうと思うと迷ってしまうところですが、僕がいつもオススメしている泡立て器はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 樋口さんに教えてもらう、泡立て器の選びかた。知らないことたくさんあった!基本のドレッシングのレシピも。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab OXOの泡立て器はワイヤーの形状が巧みにデザインされていて、いつもすごいなー、と思う。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite