甘利明幹事長に学ぶ

10月4日、衆参両議院で首相指名選挙が行われ、自由民主党の岸田文雄総裁が第100代の首相に決まりました。事前に「若手の抜擢」を公言していた岸田でしたが、自民党内の幹事長に甘利明が決まったことで批判が集まっています。甘利明とはどういう人物かについて、武田砂鉄さんが考察します。


都合良く調整できる睡眠障害

知り合いに睡眠障害に悩んでいる人が何人かいる。断片的に聞くだけだが、相当しんどそうだ。いざ寝ようとしても寝られない、というだけではなく、日中も、今日は寝られるだろうかという不安がまとわりつく。断続的な倦怠感って、他者からの理解を得られにくく、「やる気」や「集中力」といった言葉に変換され、それが足りていないとされてしまう。

新たに自民党幹事長となった甘利明は、2016年、自身や秘書の金銭授受問題によって経済再生担当大臣を辞任したが、その後、「睡眠障害」を理由に国会を欠席、結果的に追及から逃れる形となった。その後、甘利は、東京地検が嫌疑不十分で不起訴とした日に政治活動を再開させる。そのことについて、共産党・小池晃が「睡眠障害がこんなに都合良く治る人はあまり見たことがない。非常に珍しい症例なのではないか」と皮肉を込めて言った。睡眠障害に悩んでいる人から、「とにかく自分の都合に合わせてくれるわけではないのがツラい」と聞いていたので、都合良く調整できる(ように見える)睡眠障害もあるのだと新たに知った、というのも、もちろん皮肉である。

「私以外私じゃないの」

用途を拡大したり、コロナ禍の10万円給付の手続きに利用したり、ポイントを付与したり、ありとあらゆる手を尽くしてもマイナンバーカードが普及しない。マイナンバー制度が始まったのが2015年、希望者にカードの配布が始まったのが2016年だから、もう5年以上も「作って欲しいのに、作ってくれない」状態が続く。2015年、経産大臣だった甘利が「ゲスの極み乙女。」の「私以外私じゃないの」を歌いながら「私以外私じゃないの、あたりまえだけどね、だ・か・ら、マイナンバーカード!」と嬉しそうにカードを掲げた映像を見て、これは作らないほうがいいなと直感したが、あの直感が個人的に持続している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんの最新刊、ぜひお読みください。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ActSludge ■(https://t.co/VK0ZlBwUKX) 【…武田砂鉄…】(https://t.co/06aV1BXzx7)/《睡眠障害に悩んでいる人から、「とにかく自分の都合に合わせてくれるわけではないのがツラい」と聞いていたので、… https://t.co/uJVgpyFtHj 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ActSludge ■(https://t.co/VK0ZlBwUKX) 【ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 武田砂鉄 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ActSludge ■(https://t.co/VK0ZlBwUKX) 【…武田砂鉄 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

curryflavor こんな人物を要職につける政権を信頼できるか?甘利の選出区に住む者としてはどうにか引きづり下ろしたい。 https://t.co/KxIYKeT7HZ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite