​侠名轟く

【第27話】古典作品をボーイズラブ化した大好評シリーズ『BL古典セレクション』待望の新連載!「海道一の親分」として明治初期に名をはせた侠客、清水次郎長。その養子であった禅僧・天田愚庵による名作『東海遊侠伝』を、作家・町田康が自身初のBL作品として、圧倒的な鮮やかさをもって現代に蘇らせる。月一回更新。(提供元:左右社)

 居丈高に上から言っても駄目、衆を恃んで銃で脅しても駄目、下手に出て土下座しても駄目。

「なにがなんでも壱百八拾両、耳を揃えて返《けえ》せ」

 と言って譲らぬ次郞長に万策尽き果てた何左衛門、横を向いて暫く考えていたが、やがてさばさばした口調で言った。

「わかった。じゃあ、返そう」

「おー、そうか。じゃ、返せ」

「ただし、ここじゃ返せない。高木まで付き合ってくれ」

「高木」

 とそう問い返したとき、次郞長は既にピンと来ていた。

 高木というのは何左衛門屋敷がある堀切から二里許《ばかり》行った処だが、ここには友吉というやくざ者が居て、何左衛門と付き合いが深い。何左衛門はこの友吉の勢威によって俺に圧力をかけ、借金を負けさせようと企んでいやがるのだろう。

 それがわかりながら、しかし腹に答えがある次郞長は言った。

「あー、いいってことよ。高木でも何処でも行こうじゃねぇか」

 そう言って着物を着た次郞長と鶴吉と何左衛門は表へ出た。

 表には先ほど毒気にあてられて表に出た村の連中が屯していた。その者に何左衛門は、

「あー、皆の衆、ご苦労様。これから高木まで行くことになった」

 と言い、鶴吉は、

「さー、そう云うこった。さ、見世物じゃねぇんだぜ、散った、散った」

 と言った。なので群衆が、

「あー、そうか。話はついたのか。よかったな。じゃあ、家に帰ろう。帰って稼業に精を出して働こう。それが家族の幸福、国家の繁栄に繋がる」

 と言い、三々五々、家に帰っていったかというと、そんなことはけっしてなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL古典セレクション 東海遊侠伝 次郎長一代記

町田康

古典作品をボーイズラブ化した大好評シリーズ『BL古典セレクション』待望の新連載!「海道一の親分」として明治初期に名をはせた侠客、清水次郎長。その養子であった禅僧・天田愚庵による名作『東海遊侠伝』を、作家・町田康が自身初のBL作品として...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません