たまねぎのうまみ弾ける! シンプル極めたミネストローネ

今回は、たまねぎのうまみを最大限引き出したトマトスープをご紹介します。たまねぎを炒め、トマトジュースを加えて煮込むだけ、という超簡単なスープながら、驚くほどのおいしさです。好きな野菜を加えたり、お肉や魚介類を加えてもよし、と応用範囲のかなり広いスープです。ぜひお試しください!

たまねぎの底力を思い知る

9月に入ると、北海道のたまねぎが出荷されます。一年中、どんな料理にも使うたまねぎですが、その実力を感じられるおいしいスープをご紹介します。とろとろ甘いたまねぎを軽い酸味のあるトマト味で食べる、ミネストローネの原型みたいなスープです。

最初にたまねぎとにんにくをオリーブオイルで炒めたら、あとはトマトジュースと水を注いで煮込むだけ。この超絶シンプルな作り方で驚くようなうまみが出るのです。このままパンを添えるだけでも十分に満ち足りる一皿ですが、今日は卵をぽとんと落としてリッチに仕上げましょう。途中で崩して食べると味変できます。

これをスープベースにして好みの具を加えてもおいしいのですが、まずはたまねぎだけでこんなにおいしいということを、ぜひ実感してみてください。

たまねぎとたまごのトマトスープ

材料(2人分)  所要時間25分

たまねぎ 2個(400g)
にんにく 1片
トマトジュース 200mL
たまご 2個

塩 小さじ2/3
胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ3
水 400mL
(好みで)薄切りバゲット 2枚

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

豚汁だけで、50のレシピ。これさえあれば、なんとかなります。

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sghrshhk 美味しそう… https://t.co/jiru2YRK71 21日前 replyretweetfavorite

asdfg0725 これいいなー。オレでも美味しく作れそうだ。 21日前 replyretweetfavorite