ヨーロッパのお米王国のレシピを使った「ポルトガル風鮭ご飯」

今回も前回に続きお米のレシピをご紹介します。お米の食べ方をよく知っている、ポルトガルのレシピを応用した鮭ご飯です。ぜひお試しください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

爽やかな晴れが続く9月は、ぷりっとみずみずしい新米の季節。真っ白いご飯におかずもいいし、食材豊富なこの時季は、炊き込みご飯や混ぜご飯などもまたよし。ふっくら炊きあがった鍋のふたを開ける直前の、さあどんな香りかな、お焦げはできてるかなと期待する瞬間もまた、お米料理の楽しみのひとつです。

お米の国を自負する我ら日本人ですが、ヨーロッパの西南端にあるポルトガルも、実はお米大好きな国。国民ひとりあたりの消費量を見ても、ヨーロッパで一番お米を食べる方々です。この連載でも、これまで紹介した米料理を振り返ると、前回の「トマトポークごはん」だけでなく、「優しいうまみのたこごはん」「菜の花とソーセージの炊き込みご飯」「あさり、ぶた、トマトの炊き込みご飯」「手羽先ごと炊き込む鶏ごはん」「ポルトガル風のきのこごはん」「甘塩鱈とえびごはん」「あさりのブリャオン・パトご飯」「ソラマメとベーコンのワイン蒸しご飯」「めかじきのオレガノグリルとタイムごはん」「呑めるれんこんのスパイシーごはん」と、振り返れば、あるある。でも、これだってあちらのレパートリーのほんの一部です。

そういえば、以前東京にやってきたポルトガルのワインメーカーの友人を浅草の焼き鳥店に連れて行ったら、〆に頼んだ鮭の釜飯に大喜びしてたなあ。そんなことをふと思い出したので、今回はポルトガル風の鮭ご飯を考えてみました。羽釜じゃなくて、フライパンで作ります。たっぷりの玉ねぎとにんにく、ワインビネガーで米の味のベースを作り、鮭は白ワインでふっくらとさせるのがポイント。もちろん、ワインに合う味に寄せているのは言うまでもありません。

合わせる9月のワインは、ヤギの顔がそこはかとなくユーモラスな、うま味じんわりの赤。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「鶏手羽と玉ねぎの軽い煮込み」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gohstofcain 今日はこちらの「ポルトガル風鮭ご飯」を作った〜(ケロ∀ケロ) ワインのおかげか鮭がふっくら焼けました。 16日前 replyretweetfavorite

SaKrada 鮭ご飯いいなあ。季節でもありますし。 24日前 replyretweetfavorite