どうやったら社長になれますか?

今回は起業したいと思っている方からの相談です。複数の会社を経営しているMBさんは、どのような気持ちで会社を始めたのでしょうか?

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。


ペンネーム:義勇 冨岡


MBさんこんにちは。 起業のしかた(事業の立ち上げ方)について質問があります!

僕は現在フリーランスでクライアントワーク(広告・マーケティング支援のような内容)をやっているのですが、自分で会社を作ってみたいと考えています。

理由は単純に

1.自分が事業全体を動かしてみたい 2.社長になってみたい(これ言うと浅いと思われてしまうかもしれませんが…!) 3.たくさん稼ぎたい

などがあります。

特に1はゲーム感覚のようなイメージで、自分の人生(の内大部分を占める仕事)をもっと自分でコントルールしたい。そういう働き方を楽しみたいという思いが強いです。

事業の内容は自分の好きなことor得意なことをやろうと思っておりアイデアもあるにはあるのですが、それを実現するイメージがわきません。

例えば宅配弁当の会社を立ち上げるとして、どうやって弁当を作るのか・どうやって配送するのかなどの課題をクリアする方法がまず分からないんです。弁当はまさか全て手作りするわけにもいかないだろうし、工場にお願いするのか?どうやって?そのお金は?できたものをどうやって配送するのか?そのスタッフはどうやって雇う?仮に雇えたとしても最初はだいぶ赤字だろうし・・・など。

つまり会社の最初期の動かし方・準備のし方が分からないんです。また世の中の起業家たちはこのようなことをどうやって学んでいるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。「社長になりたい!」でも良いと思いますよ。想いは人それぞれです。ただ、

「~~をしたいから起業をしたい」と
「なんでもいいから起業したい」

「~~をしたいから社長になる」と
「一度でいいから社長になってみたい」

だと、モチベーションに差があるのは事実ですし、前者の願望の方が成功しやすいとも思います。それは目的と手段の構造に秘密があります。

例えば質問者さんの例えを使わせてもらって、「宅配弁当の優れたアイディア」があるとしましょう。その際、宅配弁当のアイディアを実現する「ために」、起業をするわけですよね? つまり目的と手段は、

目的:自分の思いついた宅配弁当を世に普及させる
手段:起業する

という構造になっているはずです。こうして起業したのち、宅配弁当を世に普及させるため社長は日々がんばるわけです。目的は「世に普及させること」なわけですから、あーでもないこーでもないと手段を変え発想を切り替え試行錯誤するでしょう。

しかしながら、質問者さんの「社長になりたい」「起業したい」だとどうでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません