わかる日本書紀

歴史書に残る「鬼」と呼ばれた人たち【第29代⑦】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第4巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第29代、欽明天皇の御代のお話。

聖明王の長い抗議文

欽明五年三月、百済の聖明王は日本の朝廷に、任那(みまな)の日本府の外交官僚をやめさせて日本に戻してほしいという長い長い抗議の手紙を出しました。その概要は次のようなものでした。

「天皇から早く任那を復興させよというお言葉をいただいてから三年が経ちます。
再三、日本府の外交官僚と任那の国々の王たちを召喚しましたが、その都度、どちらもいろいろと口実をつけて応じず、任那復興についてともに協議することができませんでした。
これはエナシ、マツ両名の悪だくみによるものです。イクハ(的)※1、キビ臣、カウチ直ら日本の外交官僚たちは、皆、エナシ、マツ両名の言いなりです。
そして任那の諸国の王たちは、日本府の意向に従うしかないのが実情です。
もし、エナシとマツの二人がこのまま安羅(あら)に居すわって悪だくみを行うなら、任那再興は難しく、百済や任那の諸国も天皇にお仕えすることができなくなります。

どうか天皇がエナシとマツを本国に還し、任那を再建するよう、任那の諸王と日本府にいる外交官僚に言い聞かせてください」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jimotonohon cakes連載『わかる日本書紀』今週分は後半に鬼についての記載があります。注釈をよむと「奈良時代、『鬼』の字は『もの』と読まれていた…」。豆知識ですね。 https://t.co/jRXTKcVraJ 2ヶ月前 replyretweetfavorite