調理場の「洗い道具」はどれがいちばん? 揃えておきたい2種類のモノ

料理をする上で欠かせない「洗う」作業。汚れが落ちやすく清潔なものを使いたいですよね。スーパーに行くと、さまざまな種類の製品が並んでいますが、料理家の樋口直哉さんは、台所に2つの洗い道具を揃えておくとよいと言います。それはいったい何なのでしょうか。

「料理」と聞くとまな板で野菜を切ったり、フライパンで食材を炒めたりと調理作業そのものが連想されますが、実際の料理では同じ、あるいはそれ以上に「片付ける」という作業が重要です。

なかでも比重が大きいのが「洗う」作業。洗うのに必要不可欠な道具が「キッチンスポンジ」です。(この連載で毎回、言っていますが)道具次第で作業性は変わってきます。適正なスポンジを選べば、毎日の料理もぐっと効率的になるでしょう。


数あるスポンジの中でいちばんのオススメは?

キッチンスポンジは大きく3つに分類されます。ウレタンタイプ、セルロースタイプ、ポリエステルタイプです。

ウレタンタイプは最も一般的なスポンジでしょう。ウレタン=一般的なのはポリウレタンなどのウレタン系発泡素材性のスポンジは『汚れをこすりとる面』と『水を含み洗剤を泡立てる部分』で構成されています。

『汚れをこすりとる面』はザラザラした面です。この部分には不織布が貼ってあり、その硬さによって用途は変わってきます。やわらかいほうがコップなどは洗いやすいですし、逆に研磨剤が入った硬い面がついたスポンジを、ガラスや食器などに使えば傷がついてしまいます。スポンジのパッケージには焦げ落とし用や食器用など用途が記載されているので、それに従ってください。

『水を含み洗剤を泡立てる部分』はスポンジ状の部分です。気泡が水を含むので、食器用洗剤を希釈→保ち、効率的に洗えます。製品によって目の細かさが異なり、細かいほどやわらかく細かい泡も立ちますが水切れは悪くなります。粗いと水切れはいいのですが、洗剤の保持力は弱くなります。なかなか難しいところで、最近では細かい目と粗い目の2層式になっているスポンジなども出回っています。

ウレタン製以外にはセルロース製のスポンジがあります。セルローススポンジは皿を洗う専用の製品で、吸水性がいいのでテーブルや作業台の掃除にも使われます。不織布+ウレタン製のスポンジと比べると洗浄力は劣りますが、やわらかいので皿を傷つけず、細かい部分も洗えるのがメリット。ただ、汎用性はありません。

ポリエステル製のスポンジもあります。ポリエステル製のスポンジは水分を吸収しやすいのが特徴。ネットに包んだ製品が多く、ネットが研磨の役割を果たします。そのため「洗剤を使わなくてもきれいになる」と謳っている製品も見かけますが、水切れはやや悪く、扱いにくいかもしれません。スポンジは洗浄力ばかりに目がいきますが、同じくらい水切れも重要です。水をしっかり切らないとカビなどの原因にもなり、衛生的ではないからです。

さて、これら数多くあるスポンジからなにを選んだらいいのでしょうか? 抗菌性や耐久性なども考える必要がありますし、キッチンでもスポンジは目につく場所に置くため、見た目も無視はできません。そうした点を踏まえて今回、ぼくがオススメするスポンジはこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
樋口さん、どれがいちばんですか?

樋口直哉

包丁、まな板、鍋、フライパン、塩や醤油などの台所に欠かせない品々について、食の博識・樋口直哉さんがベストと思う一品を紹介します。なぜ、それがベストなのかという理由や選ぶときのポイントを解説するので、これを読めば迷わず納得してその品物を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GoodQuail 今朝までそもそもスポンジの裏表を完全に勘違いしていたことがわかった。日が暮れても動揺したままでいる。 7日前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab 皆様、スポンジは定期的に交換しましょう、という話。 7日前 replyretweetfavorite