​甘み、辛味、酸味のソースが鶏を引き立てる「鶏手羽と玉ねぎの軽い煮込み」

今回紹介する料理は、少し肌寒くなってきた時期にぴったりの「鶏手羽と玉ねぎの軽い煮込み」です。お手頃な鶏肉と玉ねぎを、フライパンひとつで香ばしく味付けします。美味しい料理とワインとともに、季節の移り変わりを楽しんでいきましょう!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

夏も終盤。夕方を過ぎるとぐっと肌寒くなって、そろそろフライパンひとつで温かい料理とか、いい感じです。今回はこんがり焼いた鶏を、玉ねぎソースでさっと軽く煮込みます。

薄切りした玉ねぎを透きとおるぐらいに蒸し炒めて、まぐろのグリルにたっぷり添える、ビッフェ・ドゥ・アトゥン・デ・セボラーダという料理がポルトガルにあります。まぐろ漁が盛んな最南端エリアではおなじみのメニュー。まぐろのグリルもさることながら、この玉ねぎソースがいいんです。

山盛りの薄切り玉ねぎを、水分を飛ばさないようにふたをして弱火でじっくり蒸し炒めます。すると、甘さやうま味が引き出されて、自然なとろみのあるシンプルな野菜のソースになる。にんにくのうま味と唐辛子の辛さ、ほんのりビネガーも加えるので酸味もあり、香ばしく焼けた鶏と相性抜群です。あ、今回は手頃な手羽先を使って作ります。何を焼くか迷ったのですが、まぐろは日本じゃ高いから、ポルトガルのように気軽にステーキにするのはちょっと気が引けちゃう。でもせっかくだし魚で作って見たいという方は、切り身のメカジキなどが扱いやすくていいですね。もちろん、このソースによく合いますよ。

合わせるワインは、まだ少し暑さが残る今こそ飲みたい、軽く冷やした赤。ワインのラベルはヤギの顔で、そこはかとなくユーモラス。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「鶏手羽と玉ねぎの軽い煮込み」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

really_reality 今日のご飯記録 手羽先が特売! そういえばどこかでレシピを見たぞ、と今日はこれを作りました! 白ワインビネガーだけ、酒と酢で代用したけど玉ねぎ甘くなってすごく美味しかったです。|馬田草織 @saoribada | 5日前 replyretweetfavorite

chiruko_t 甘み、辛味、酸味のソースが鶏を引き立てる「鶏手羽と玉ねぎの軽い煮込み」|馬田草織 @saoribada | 5日前 replyretweetfavorite

saoribada 肌寒い時期にちょうどいい、フライパン煮込み。たっぷりの酸っぱ辛い玉ねぎソースごと、ご飯にオンもいけますぞ🍷 https://t.co/iGBcOoahOD 7日前 replyretweetfavorite