関係を持つ相手だけじゃなく、関係性の種類自体を増やしていく

サクちゃんに勧められたラジオ番組にハマり、毎日聴くようになった蘭ちゃん。友達や家族とは違う、カウンセラーとの関係性が増えたように、人でもものでも新しい関係性の種類を増やすことはとても大事だと蘭ちゃんは考えます。(毎週火曜日更新)

サクちゃんへ

こんにちは。

9月がやってきました。
京都では雨が降っていて、昨日から急に涼しくなりましたが、東京はどうですか?
今はエアコンをつけなくてもいいくらいなので、扇風機で過ごしています。

そうしたら扇風機の埃が気になったのでちゃっちゃと洗ったのですが、とても良い気分。
最近気づいたことのひとつに、「軽い落ち込みレベルなら、部屋の掃除でなんとかなる」というのがありますが、デフォルトが「軽く落ち込んでいる」ため、私の部屋は今結構きれいです。

ー・-・-

この間、保育園に次男を送っていったら、同じクラスの保護者の方と少し話をする機会がありました。

彼女いわく、来年から留学のために、家族とともに海外へ引っ越すとのこと。
「すごいですね、なんの勉強ですか?」
と聞いたら医学だと言っていました。ずっと同じクラスなのに知らなかったのですが、彼女はお医者さんで、技術を上げるために海外へ勉強しに行くのだそうです。

多分同い年くらいの方なのですが、私は医学のことはもちろんわからないし、英語も喋れないので、「すごいですね!」ばかり言っていました。
だけど、そうしたら彼女が
「私にとってはあなたの方がすごいですよ。あんなにたくさん文章を書けるなんて」
と言い出してびっくり。「実はずっと読者だった」と言うのです。私の名前はペンネーム(旧姓)ですし、職業も特に公にはしていなかったので、すごく驚きました。

「私は文章を書くのがすごく苦手だから、あんなふうに自分の気持ちを言葉にして表現できるなんてすごいと思います」
と、逆に言われてしまって、あたふたお礼を言ったりしながら、「そうかー、みんな得意なことと苦手なことがあるんだな」と当然のことを思いました。

“「言語化して書ける」というのは特殊能力で、誰もができるわけではない”
とサクちゃんも言っていましたが、その通りなのでしょうね。
特に「感情を言語化して書く」っていうのは、難しいことかもしれません。「意見や論考を書く」というのとは、また違うことだと思います。

私にとっては、「感情を言語化して書く」ことは生理現象のようなもので、そうしないと心と体がはち切れそうになります。だから、あんまり特殊能力だとか技術だとは思っていなかったのだけど、実際はそうなのかもしれない。そしてまた、それが私の「自分の感情との付き合い方」なんだろうと思います。

「書く」ことでそれをしない人は、きっと違う方法で自分の感情と付き合っているのでしょうね。みんなどんなふうに付き合っているのかな。受け流したり、発散したり、忘れたり、行動に変えたりしているのかな。

ー・-・-

前回のサクちゃんの日記でおもしろいなと思ったのが、「自分に興味関心が向いている時期は、本が読めない」という言葉です。

これ、私はまったく逆でした。自分に興味関心が向いている時ほど、本を読みたくなるんです。なぜなら、もっと自分のことを知りたいから。

ところで私は、読書好きには2種類いると思っています。

ひとつは、自分を知るために学びたい人。私のようなタイプですね。自分のことを知りたくて、今の悩みや考え事に近しいテーマで書かれている本を乱読するタイプ。本の中に自分を探しにいく感じ。だから、同じテーマのものを何冊も読む傾向がある。

もうひとつは、世界を知るのが楽しくて、そのために学びたい人。いろんな知識を増やして、いろんな角度から世界を見て、世界を広げてみたいと思う人。自分を探すというよりも、そこにあるストーリーや知識が持つおもしろさを味わう感じ。だから、いろんなテーマのものを幅広く読む傾向がある。

よくこの交換日記でも言いますが、矢印が「自分」に向かっているのか「外」に向かっているのかの違いだと思います。時期によっても違うだろうし、一人の人でも割合が違うだけで両方の性質を持っていることもあるでしょう。ちなみにサクちゃんは後者タイプが強いのでは、と思ったんだけどどうでしょう?

私は基本的には自分にずっと矢印が向いているので、常に自分に関係する何かしらの本を読んでいます。子供の頃からずっと不安感がある、と書いたことがありますが、それを埋めたり和らげるために読んでいる感じ。だから自然と、心理学系、哲学系、人文系、近しいテーマのエッセイなどは多くなるかなぁと思います。

あるいは、はっきりとした悩み事がある時も本を読みますね。体調を崩したら健康の本を読むし、人間関係に悩んだらコミュニケーションの本を読むし、お金に困ったらお金の本を読むし。この間は趣味を作りたいなと思い、趣味を作るための本を読みました。そんな感じで、悩みを解消するためにも、本をよく読んでいます。

小説や詩集や歌集などの文学作品は、ものによって時期を選ぶような気がします。特にこういうジャンルは、心を整えるタイプと心をざわざわさせるタイプに分かれる気がしてて。前者はまるで整体やヨガのように習慣的に読めるのだけど、後者は時期を選びますね。今はざわつかせないでほしい!って時ありますからね。

そんななので、本は割といつも読んでるなと思いました。読めなくなったのは、病気になった時くらいかな。そもそも活字中毒なので、何か読んでいないと落ち着かないというのもありますが。

サクちゃんがおすすめしてくれた『LISTEN』と『限界から始まる』も買いましたよ。
サクちゃんって、読了するスピードが早いなと思うのですが、いつもどんな本の読み方をしているのですか? 私は読むスピードが遅いくせに10冊くらい併読する癖があるので、なかなか読み終わりません。サクちゃん流の本を読む時のコツなんかあれば教えてください。

ー・-・-

最近、こちらもサクちゃんにおすすめしてもらったジェーン・スーさんと堀井美香さんの『OVER THE SUN』というラジオ番組を聴いているのですが、すごくおもしろいですね。早速ハマってしまい、毎日のように聴いています。なんて最高なんだ。

聴きながら思ったのですが、ラジオっていいなと思いました。
私、あんまりラジオって聴いたことがなかったんです。嫌いとか苦手とかそういうのではなく、単純にラジオカルチャーがなかったんですよね。

でもこうして聴き始めてみて思ったのですが、本よりも開放的で、気軽で、励まされるものだなと思いました。録音されたものなのですが、そこに人がいて、一緒に生きているという感じがする。本は真正面から向き合う感じだけれど、ラジオはその場に一緒にいて無責任に笑ってる感じ、っていうのかなあ。テレビよりももっと親密なんだけど、本よりも風通しがいい。

以前に私が書いた、カウンセラーさんとの関係性もそうですが、関係性のバリエーションが増えるってすごく大事だなと思いました。関係を持つ相手だけじゃなくて、関係性の種類自体を増やしていく、みたいな。

本やテレビとは違う、ラジオとの関係性。
友達や家族とは違う、カウンセラーとの関係性。

上記ふたつは私がコロナ下で得た新しい関係性ですが、既存の関係性がうまく機能しなくなった分、新しい関係性を作る方向へと向かったのかなと思います。ペットを飼う人が増えたのも、そういうことなのかもしれません。

サクちゃんは、ここ1,2年で新しい関係性ができたりしましたか?
人だけでなく、ものとでも。

もしよかったら教えてくださいね。

蘭より

追伸:こちらは、先日行った河井寛次郎記念館の猫です。名前を尋ねたら「えき」というのですって。京都の伊勢丹には「えき」という美術館があるのですが、そこから名前をとったのだとか。なんでだったっけ。「いい名前だなぁ」と思っていたので聞き逃しました。考え事をするとすぐに人の話を聞かなくなる傾向があります。


この連載の書籍化を希望する出版社、大募集中!
書籍企画書をこちらに公開しています。
(お問い合わせは info@note.jpまで)



前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

blognekonome https://t.co/A2AwRpI0y9 あまりにも突然、文中に出てきてうろたえてる #overthesun 4日前 replyretweetfavorite