一度は諦めかけた「子育てしたい」という気持ち

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。その当事者であるきのコさんは、「ポリアモリーとして生きる」ことと「結婚や出産や子育てをする」ことの両立は不可能だという考えを持っていました。しかし、妹さんに娘が生まれたことで、価値観が大きく変わったのだそう。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、質問フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。
ポリアモリーとして生きていると、よく尋ねられたり自分でも気になるのが、「子供はどうするの?」という問題です。

私は離婚してから長い年月、「ポリアモリーとして生きるために、結婚や出産や子育てを諦める」という選択をしてきました。というか、「ポリアモリーとして生きる」ことと「結婚や出産や子育てをする」ことは、天秤にかけてどちらかを捨てなければならないものだと思い込んでいたように思います。多くの人と関わりあいながら生きる中で、子供というとりわけ強い関わりが必要な存在に対する時間やお金やエネルギーを捻出できるかどうか分からないし、そのためには他の人付き合いや自分のアクティブさを犠牲にするしかないのでは…という不安が強かったのです。

必ずしも、子育てへの興味がなかったわけではありません。とはいえ、当時から今にいたるまで、出産にはあまり前向きになれていません。というか、妊娠に。俗に十月十日といわれる妊娠期間の長さと身体的な過酷さに、どうしても身構えてしまって、踏み切れないでいるのです。

「妊娠や出産は怖いけれど子育てはしたいなら、養子や里子をとればいいのでは?」という声もあるでしょう。

しかし若い頃の私は「子供は苦手だけれど、子育てはしたい」「ただの子供は無理でも、自分の産んだ子供なら愛せるはず」「だから私が子育てするなら、自分で産むしかない」という考えに囚われていました。

結局、結婚していた間には子宝に恵まれず、別れた後にはポリアモリーとして人間関係を紡ぐのに忙しく、そんな暮らしのなか自分で出産することは半ば諦めていました。自分で産むことを諦めるなら、同時に自分で育てることも諦めるしかない…。そう思い込んでいたのです。

まさかこんなに可愛いとは

ところが、数年前に妹に娘が産まれて、そんな私の価値観は吹っ飛びました。
私がお腹を痛めて産んだ子ではないのに、なぜだか姪はすごく愛くるしくて可愛く感じられるのです。今では、妹と協力して姪を育てていきたい、姪のためなら何でもしてやりたいと思っています。

姪の誕生を通して、私は「自分で産んだ子でなくても愛することができるし、育てることができる」という実感をもちました。だから昔の思い込みを覆して、”産みの親でなくても育ての親になる”こともできるかもしれません。そういう期待をもって最近、さまざまな制度の利用を検討しています。

ちなみに”産みの親でなくても育ての親になる”ための制度には、大きく「里親制度」と「養子縁組」があります。違いは以下の通りです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinoko1027 里親になることを考えています。 #ポリアモリー 11日前 replyretweetfavorite

kurimatu044 きのコ @kinoko1027 | 友達がシェアハウスで子育てをしているから、それっぽいなーと思う記事。実際、共有スペースで自分だけじゃない人間がいる環境下… https://t.co/dTAB5Xn4UF 11日前 replyretweetfavorite