シングルマザーのお金管理

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第8章 お金と働き方

【節約】 口座残高100円でもなんとかする

離婚後は、月末になると銀行の口座残高が100円になっていることもありました。お財布の中に小銭しかないこともしょっちゅうです。
でも慣れとはすごいもので、そういう生活も、いつしか驚かなくなりました。
いざというときは、私の実家にお願いすれば追加で少し振り込んでもらえましたし、直接行けば何か食べさせてもらえたので、深刻な危機感がなかったのかもしれません。
それでもやはり、口座残高を見るたびにヒヤヒヤする毎日でした。

別居がはじまった頃から、家計簿は「家計簿マム」というアプリを使って、1ヶ月で何にいくら使ったかがおおまかにわかる程度のお金の管理はしていました。
やはり家計簿をつけると月々の支出に対する意識が高まります。支払日が決まっているものなど、「これは絶対に触っちゃいけないお金」と思ったら、現金を封筒に入れて、使うべき日がくるまでしまっておきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません